記事の詳細

マイホームを購入する場合、そのマイホームの償却を考えたことはありますか?

概ね住宅は25年程度で資産価値はゼロが一般的です。

住宅の価値

住宅の価値

ローコスト住宅を「今、住んでいる家賃より安いから買う」と言う安易にマイホームを購入する方は、30年後に必ず後悔をされます。

もしかしたら20年後かも知れません。

新築時に10年間の瑕疵担保責任保険はあるものの、10年目以降住宅のメンテナンスをしなかった場合、確実に資産価値ゼロとなります。

外壁はボロボロ、屋根材は劣化し雨漏りも近いです。

30年後

30年後に再度、建替えをした場合、建物の解体費と新築住宅費用で結局は2度住宅を買う事になります。

それも毎月の支払いも大きな変化もありません。

これでは家賃より安かったとは言えません。

借家は固定資産税はありませんが、持ち家は固定資産税も発生します。







価値が下がらない住宅

実は将来、価値が下がらない住宅があります。

仮に30年経過し、ご主人の実家に夫婦で戻り田舎暮らしとなった時も「家賃収入」が見込めます。

空き家問題が話題となっていますが、一度でも借家として利用して頂ければ「空き家」になっても家賃収入の保証があるのです。

これが第二の年金になります。

そのための条件は「長持ちする住宅」です。ローコスト住宅ではあり得ません。

ローコスト住宅で土地代込み3500万、同じ場所に長持ちする家で3900万の場合、土地代1800万とすると30年後、ローコストの場合価値は1800万、長持ちする住宅は土地代1800万に建物の価値として最低でも1000万以上は加算され2800万の価値があります。

また同じ場所の賃貸住宅が10万だった場合、仮に空き家であっても最低でも8万前後の家賃保証が発生します。

ローコストでタダ同然になる住宅と400万だけ高かった住宅が毎月8万円の収入になる住宅になります。

ご夫婦で実家に戻り20年間借家にした場合、2000万近い収入となります。

土地の資産価値に大きな変化が無い場合、結局住宅費用分は取り戻す事ができます。

関連記事

ページ上部へ戻る