記事の詳細

マイホームを何度も購入するという方は余程の富裕層でなければ、なかなか出会うこともありません。

つまり住宅の購入は多くて2回、または人生で1度きりという方がほとんどです。

ですのでマイホーム選びは慎重に行いたいところです。

そこで有益な情報を得るための方法として、マイホームを購入した経験者から学ぶことは非常に有効だと言えます。

ここではマイホーム購入体験談の中から失敗事例で良くあるケースを抜き出してご紹介します。

失敗しないためには失敗例から学ぶことは多々ありますので、ぜひ参考にしてみてください。

大手の注文住宅メーカーが多数登録、簡単に注文住宅の見積比較ができて便利。
注文住宅の見積比較をするなら「タウンライフ注文住宅」

住宅を購入する時には下調べが重要

不動産物件検索

まず失敗事例として多いのが、事前の調査不足が原因となるのが多く見受けられます。

例えば徒歩圏内にスーパーがあると聞いていたものの、実際に住んでみるとそのスーパーが潰れていて、代わりになるお店が近くになかったという例があります。

他にも歩いて15分ほどの距離にあると聞いていたけれど、ものすごい坂道の上にスーパーがあるため悪天候や高齢になったときには利用しづらいといった例もあります。

これらの失敗事例は、事前に現地調査を念入りに行っていれば簡単に判明するものです。

スーパー1つであっても日常的に頻繁に使う施設ですので、生活をしていく上でとても重要なポイントになってきます。




現地調査の重要性

同様に郵便局や銀行、病院や市役所などように生活と密接する施設の位置関係を把握しておくことも重要です。

周囲施設だけではなく、その地域に住んでいる人であったり、地域の町会費などにしても調査できるのあればやっておいて損はないでしょう。

下調べを行なわなかったことが原因で、場合によっては折角購入したマイホームを手放すようことに発展することもありますので、出来る限りの事前調査を行うことが大切です。

住宅会社選びに失敗したケースを知っておこう

提案

次に多い失敗の原因が住宅会社の選び方に問題があるケースです。

現地調査同様に、住宅会社選びに時間をかけなかったことで、後からトラブルになってしまったというケースは良くある話です。

他にも住宅会社を決めたのは良いものの、事前に聞いていたような対応がなされなかったという話も珍しくありません。

どこの住宅会社を選ぶのかはとても大切なことなので、調査にはしっかりと時間をかけた上で選択する必要があります。

特に多いのは、住宅の購入を焦ってしまって失敗するケースです。マイホームは、人生で最も高い買い物になるので、慎重に慎重を重ねるくらいの気持ちで臨むことをお勧めします。




間取りの失敗

住宅会社選びと関連するのですが、間取りに失敗したというケースもよく見受けられます。

まっとうな住宅会社であれば、無理のある間取りを希望した場合は、実際に生活する上で不都合が出る可能性やこうした方が良いといった対案を提案してくれるでしょう。

しかし打合せに時間を掛けたくない住宅会社の中には、ただ施主の言うとおりにするだけでしっかりとした提案しないような業者もあるのです。

一見すると何でも意見が通る良い業者のように思う方もいるでしょうが、住宅の間取りというのは設計のプロからのアドバイスがかなり的を得ている場合が多いのです。

そのため施主の意見と多少の衝突を起こしてでも、不具合を予測した提案をしてくれる住宅会社は信用できると言えます。

住宅会社を選ぶ時にはこういったポイントもおさえておくと良いでしょう。

全国どこでも無料見積に対応。

大手の注文住宅メーカーが多数登録、簡単に注文住宅の見積比較ができて便利。

関連記事

ページ上部へ戻る