記事の詳細

マイホームを購入する時には、やはり住宅を購入した人の意見を聞くことで多くの有益な情報を得ることができます。

失敗したという人もいれば成功したという人もいます。また人によってその失敗・成功の度合も異なってきます。

そのため広くたくさんの意見を参考にすることで、自分の状況に当てはまる情報を見つけることができるかもしれません。

特に成功事例から学べることは多いので、代表的な成功例をご紹介していきたいと思います。

大手の注文住宅メーカーが多数登録、簡単に注文住宅の見積比較ができて便利。
注文住宅の見積比較をするなら「タウンライフ注文住宅」

住宅購入体験談からわかる成功のポイントって?

マイホーム購入

住宅購入で成功した人の特徴として、必ずと言って良いほど多くの時間をかけて家族が納得できる家を購入している点があげられます。

これとは正反対の行動、つまり妥協したり事前に時間を割かずに購入している人ほど失敗したと感じることが多いようです。

ただしあれもこれもと欲張りすぎて、まったく妥協点を見出すことなく購入することは、特に予算面での失敗事例につながってきます。

妥協点は優先順位で?

大切なこととして、妥協できない部分については優先順位を決めておくことでしょう。

例えばキッチンにこだわりたいのであれば、これまで使っていた中で不満に思ったことをメモに書き出します。

その上で、不満点を解消するにはどんなキッチンを作れば良いのかを、設計のプロと相談しながら作っていくことが成功につながっています。

また時間はかかってしまうかもしれませんが、毎日使う場所にはそれなりにこだわりを持って臨んだほうが方が間違いは少ないです。

キッチン以外で言えば、お風呂やトイレといった使用頻度が高く、水回りのある部分は多少お金をかけてでもこだわった方が成功につながることが多いでしょう。




家族間でもよく話をしておくことが成功のポイント?

マイホーム成功体験

マイホームを購入する場合、新居に1人で住むケースは都心では徐々に増えています。しかし1人であれば、自分の意見を全面に出してマイホームを購入することに特に問題は生じないでしょう。

しかし家族と一緒に住むために購入する場合は、そうは行きません。

誰か1人の意見を優先してしまえば、後々大きなトラブルや家庭不和にも発展しかねないのです。そのため家族間で意見調整をしておく必要が出てきます。

この家族間での話を疎かにしたために、家族関係が悪化してしまったり、最悪のケースでは住宅の購入をきっかけに離婚に至ってしまったという話もあったくらいです。

ですので、旦那さんがこだわりたいところ、奥さんがこだわりたいところなどのように意見交換をしっかりとしておかなければなりません。

お互いに意見を出し合うことで、自分にはなかった視点からの指摘を受けることもでき、より良い家づくりができたとする人はとても多いのです。

この家族の話し合いに時間がかかってしまっても、互いの意思疎通をしておいて損はありません。

失敗しないマイホームを手に入れるには、さまざまな視点から考察する必要があり、快適なマイホームライフを送るためにも家族間で何が必要で何が不必要なのかをしっかりと共通認識として確認しておくべきです。

当然互いの主張で譲れない部分もあるでしょうが何もかもつめ込むことはできないので、そんなときは優先順位をつけては協議すると良いでしょう。

マイホーム購入の成功体験談を見ると、地味かもしれませんが家族間で意見調整が非常に重要だと認識できると思います。

全国どこでも無料見積に対応。

大手の注文住宅メーカーが多数登録、簡単に注文住宅の見積比較ができて便利。

関連記事

ページ上部へ戻る