記事の詳細

ハウスメーカー ダイワハウス
費用 3000万円(40坪)/坪単価:75万円
所在地 神奈川県

2010年、長男が小学校にあがるのをきっかけに、念願のマイホームを購入しました。

建坪:40坪、建設費:3000万円ほどのダイワハウスの家です。

ダイワハウスの家に住んで7年目になりますが、ダイワハウスで建てたマイホームに住んでみて良かったこと、困ったことなどをご紹介致します。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




ダイワハウスのここに満足

大和ハウス

まずダイワハウスの注文住宅の良さは、デザインや間取りのみならず、構造の部分に耐震パネル等もほどこすことができたことです。

地震対策は家を建てるにあたり、我が家の大事なポイントでした。

「地震が起きても家を無傷で残すには」ということで、営業マンの提案もあり、1階の中心部に耐震パネルを2枚入れることにしました。

ダイワハウスには免震の技術もあり、免震を構造上に組み込むことも可能でしたが、予算の関係で耐震を選択しました。

このように地震対策にこだわりがある施主に対して、いくつかの優れた選択肢があるがダイワハウスの良い点だと感じました。

次に実際に住んでみた感想ですが、断熱がしっかりしているため、外気との温度差がすごいのです。

とりわけ冬よりも夏、つまり暑い夏に家に一歩足を踏み入れると、涼しい!と感じることができるのです。

また先ほどの構造上の耐震パネルについてですが・・・

東日本大震災が発生したときに未就園児だった次男はソファで寝ていたのですが、まったく目を覚ますことなく、何事もなく寝たままでした。

また多少の揺れは感じましたが、物が倒れたり、落ちるたりするようなことも一切ありませんでした。

このときに耐震パネルの効果を感じることができました。

もうひとつの住み心地の良い点は、防音がしっかりしている点があげられます。

私と子どもたちはピアノを弾くのですが、いくら弾いても音が外に漏れることはほとんどありません。

実際に演奏中に外に出て、確認しましたがまったく気になりませんでした。

そのため時間を気にすることなく、ピアノを楽しむことができています。

そして結露がでない点も良い点としてあげられます。

冬季は乾燥やウイルス対策として、加湿器を多用していて、時には加湿器をつけたまま寝ることもありますが、結露が出ることはありません。







こだわりポイント1

我が家は息子二人と主人、そして私の4人構成です。

こだわったのは、とにかく孤独にならないように家の間仕切りをできるだけなくして、どこにいても気配を感じられるように、そして声が届くような設計にしました。

また子供が小さいうちは、遊びから学習まですべてのことが1階にあるリビングで完結できるように、リビングの奥のダイニングの横の部分の壁一面に机を作り、そしておもちゃや本などの収納スペースを設計しました。

そのためキッチンで作業中でも、遊んでいる子供たちを観察することができますし、何かトラブルがあってもすぐに対応できますし、とにかくコミュニケーションがとりやすくしたことはとても気に入っています。

こだわりポイント2

我が家は2階に寝室と子供部屋、お風呂などを設計しました。

主人は2階に書斎を作りたがったのですが、1人でこもるスペースを作ることは、我が家のコンセプトに反するため、却下することになりました。

その結果、壁を取り払った開放感のあるファミリースペースという家族が集える第2のリビングを作ることができました。

リビングと言っても4畳半と小さなスペースなのですが、ソファと本棚を置いてリラックスできるスペースとなりました。

またこの場所は、眺望も一番良く、大きめの窓から気持ち良い陽の光が入り込むため、とても心地よいスペースになっています。

結果的に主人だけが楽しめる書斎ではなく、家族全員がリラックス空間を設けることができたのたは、非常に満足しています。




ダイワハウスのアフターサービス

ダイワハウスのアフターフォローについては、専用の窓口が設けられています。

電話をすれば飛んできて相談にのってくれますし、迅速丁寧に対応してくれるため、安心して暮らすことができます。

まだ7年目のためもあり大きなトラブルはないのですが、今までの対応から判断すると、トラブルが発生しても心配なくおまかせすることができると思います。

以上となりますが、おすすめできるハウスメーカーとして、軽量鉄骨の大和ハウス家の良さが伝われば幸いです。

あなたのマイホーム計画。本当に満足してますか?

カンタン入力で、複数のハウスメーカーや工務店から、もちろん無料で資料請求ができます。



関連記事

ページ上部へ戻る