工務店を選ぶデメリット

工務店

マイホームを購入・建築する上で、地域の工務店を選択する人も少なくありません。

特にゼロから建てることになる注文住宅の場合は、心強い味方になってくれるはずです。

しかしその反面で他のハウスメーカーにはないデメリットなどもありますので、その点もしっかりと留意しなくてはなりません。

これから家を建てようという人の場合、他にもハウスメーカーや設計事務所に依頼するといった方法もあります。

工務店のメリットとデメリットをしっかりと把握して、ハウスメーカーのデメリットと比較した上で選択するようにしてください。

家を建てたいと思ったら!理想の家づくり。成功のコツとは?

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】
マイホーム

地域の工務店にあるデメリットってなに?

まず地域の工務店におけるデメリットとしてあげておきたいのが、住宅を建てる工法そのものが絞られてしまう点でしょう。

地域の工務店をと言っても、一人親方というようなところもあれば、従業員が100人を超えるところまで様々です。

しかし住宅を建てる工法については、ほぼ木造建築のみとなります。

もちろん地域の工務店のなかにも鉄筋を使った工法を扱えるところもあるでしょう。ですがハウスメーカーなどと比較すると、やはりかなり数が限られてくるのです。

場合によっては自分が住宅を建てる予定の地域で対応できる工務店がないということも珍しくありません。

つまり木造建築を希望する人であればあまり問題はないかもしれませんが、鉄筋や軽量鉄骨などの工法を希望する人には向いていないと言えるでしょう。




地域の工務店ならではのデメリットも知っておこう

デメリット

地域の工務店ならではのデメリットというのも存在します。
もともと工務店というのは地元に密着しているところが多く、その土地に根付いている企業がほとんどです。

その分情報を仕入れやすいというメリットもあるのですが、反面でクレームを出しにくいという点もあるのです。

特に知り合いに紹介してもらった工務店というのであれば、値引き交渉であったりアフターサービスなどにもしっかり対応してくれるかもしれません。

しかし住宅を建てた後に問題が発覚した場合などは、特に軽微なものだとクレームをつけにくくなってしまいます。

紹介してくれた人とのつながりが深ければ深いほど、その人のメンツに泥を塗らないようにしなければいけないので、ある意味ではメリットとデメリットが裏返しになっていると言えるでしょう。

また想像以上に値引きをしてもらって立てた場合も同様に、クレームは入れづらいこともあります。

長期間の保証

もう1つの大きなデメリットとしては、どうしても長期間の保証については不安があるという点です。

どんな企業であっても倒産するときはしてしまうものですが、地域の工務店はハウスメーカーと比較する企業規模がまったく違う場合がほとんどです。

つまり契約時に長期の保証をつけていたとしても、その工務店が保証期間中に倒産してしまっては意味がありません。この点も工務店の大きなデメリットと言えます。

しっかりと地域の工務店のメリットとデメリットを計りにかけ、自分の思い描くプランや資金計画に照らし合わせてどの住宅会社を選ぶか決めることが重要です。

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!