ハウスメーカーを選ぶデメリット

デメリット

注文住宅を建てるときの選択肢の1つにハウスメーカーがあります。

ハウスメーカーにはメリットが沢山ありますが、当然デメリットも存在します。

マイホームというのは人生で最も大きな買い物となるだけに、ハウスメーカーのメリットだけに目を向けるのではなく、デメリットにもしっかり目を向けて後悔しない会社選びをすることが大切です。




ハウスメーカーのデメリットを知ろう

まず最も大きなデメリットとしては、シンプルに建設価格が高いことでしょう。

ハウスメーカーというのは日本全国に展開しているだけあって、テレビ、新聞、雑誌などさまざまなメディアに広告をしています。

テレビのCMなどでも見ない日がないくらいですし、雑誌などの紙媒体でも大きく掲載されているのを良く見かけるはずです。

こうした広告費というのも企業の収益からまかなわれていますので、この広告費に支払われる収益は言うまでもなく顧客が支払った建築費からきています。

こういった広告費は坪単価でみても建築費に反映されていると言っても良く、他の中小の建設会社などの選択肢と比較するとやはり高めであることは否めません。

もう1つの大きなデメリットとしては、営業マンの能力差でしょう。

ハウスメーカーは規模が大きいだけに、営業マンも毎年のように新入社員が採用されています。

ベテランの営業マンに当たれば、豊富な経験とノウハウによって頼もしいパートナーとなってくれるでしょう。

しかし入社1年目などの新人の営業マンが担当になってしまった場合は、経験不足、知識不足などから言えばデメリットになることも考えられます。

こうした意味での不安定さは、やはりハウスメーカーの弱点です。

ハウスメーカーが住宅を作るのではない?

工務店

ハウスメーカーのデメリットとしては、他にも下請け業者によって工事のデキが左右されるといったものがあります。

ハウスメーカーとは言っても、実際に家を建築するのは下請け業者のため、工事の結果は業者によって左右されてしまいます。

良い下請け業者に当たれば問題ありませんが、やはり家を購入する時にはこういったギャンブル的なことなどをしたくないものです。

基本的に下請け業者にしても、良い工事をすることが次の仕事につながることを認識しているため、手を抜くということはまず無いと思いますが、こういった点は考慮しておくべきことでしょう。

また、どうしても業者間で技術の格差というものはありますので、手を抜いていなくても工事に差が出てしまうこともあるのは忘れないでください。

自分が購入した住宅の工事に不満を持ってしまうことも少なくないようです。

最後のデメリットとしては、ハウスメーカーの場合は注文住宅といっても思うおりの間取りなどを自由に決められないことがあります。

ハウスメーカーでは注文住宅と言っても、ある程度の規格というのが決まっており、100%施主の希望するモノを作ることが困難な場合があります。

間取りなどに非常にこだわり持つ方には不向きなケースがあるため、納得いくまでこだわりたいという人にとっては、この点はデメリットになるでしょう。