記事の詳細

日本は地震大国

耐震

東日本大震災での甚大な被害からようやく立ち直りをみせてきた日本。

やはり日本は地震大国であり、東日本大震災後も中規模の地震が頻発しています。

地震のことを考えるのなら、住宅を購入する時においても免震・耐震性に優れた技術・ノウハウを持つ住宅会社に依頼するということが重要なポイントになってくるでしょう。

そして免震・耐震技術とはどういったものをかを知ったうえで、住宅会社の選択をすることが大切です。




免震・耐震技術について知っておこう

そもそも免震や耐震といった言葉の違いをご存知でしょうか。

まず地震対策の基本となるのが耐震構造といったものです。建物が地震によって倒壊しないように、柱と柱の間に筋交いなどを入れることで、揺れに強い構造にする技術のことを言います。

この耐震構造で有名なのが2×4の構造で、点ではなく面で建物を支えるようにする建築方法のことです。

免震や制震というのは耐震構造にプラスアルファしたものだと考えてください。

免震の場合は建物の下の部分に揺れを吸収する装置をつけていることであり、建物と基礎部分のが直接固定されないようにしている技術のことを意味します。

つまり地震などが起きた時には住宅部分そのものが揺れることになり、揺れに対しての負担を軽減できる技術です。

制震というのは、耐震構造をさらにパワーアップさせたものと考えるとわかりやすいでしょう。

耐震構造をした住宅の中に揺れを吸収するための装置を取り付けることによって、揺れを吸収するという形です。

免震と制震を考えた場合、既にある住宅にも導入しやすいという点では制震の方が優れていると言えるでしょう。

免震の場合は、建物を建てる段階で導入することになるので、リフォームをする場合ですと一旦は基礎部分を残して取り壊してしまう必要があるようです。

住宅会社を選ぶ時には耐震等級を目安にすると良い?

現場監督

こうした住宅の耐震性を客観的に知ることができるのが、耐震等級というものです。

国が定めている統一基準があり、評価機関がそれぞれに評価をしていくという制度で、等級は1~3の3段階があります。

等級の数字が上がるほど地震には強い住宅だという目安になるのですが、等級1は数百年に1度あるかどうかの地震で崩壊・倒壊しないというのが基準(建築基準法に定められる程度の建物)です。

住宅会社を選ぶ時のポイントとしては、この耐震等級を目安にすると良いかもしれません。

一般的にハウスメーカーは耐震性の研究に注力して会社が多いです。

最新の耐震構造を持った住宅を販売することをウリにしているハウスメーカーも多いので、色々と調べてみると良いかもしれません。

工務店でも地震に強いという住宅を販売しているところもありますが、ほぼ大手の会社のみであり、地域の工務店が対応しているかどうかは難しいところでしょう。

基本的に日本の住宅というのは歴史的な経緯から地震に対する技術が高いといえますが、それでもさらに高い技術を求めるのならハウスメーカーを選ぶのが無難な選択と言えるでしょう。







関連記事

ページ上部へ戻る