ハウスメーカー ヘーベルハウス
費用 3000万円(28坪)/坪単価:107万円
所在地 岡山県

2014年に岡山県にてへーベルハウスさんでマイホームを28坪、3000万円で建てました。

現在入居後、今3年目になりますが、住み心地については良い点、気に入っている理由はたくさんあります。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




ヘーベルハウスの良いところ

ヘーベルハウス

まずヘーベルハウスのマイホームの特徴として「とにかく建具がしっかりして飽きの来ないシンプルなこと」があげられます。

我が家は全部のドアを引き戸に統一しているのですが、最初は引いた感じが今まで味わったことのない感触でしたので重い?とも感じましたが、時間の経過とともに、この重みがとてもよい重みで高級感を感じるまでに変化しました。

実際に我が家に遊びに来る友人たちも皆、「重厚感があって良いチョイス!」と褒めてくれます。

ダブルボールの洗面台

次に気に入っているのは「洗面台」です。

我が家は180センチ幅の前面が鏡、ダブルボールを設置しています。これを見た時に私が一目ぼれをしてしまい、家の中の設備を選ぶときに1番最初に付けることが決まった仕様です。

いろいろ調べて分かったことですが、このダブルボールの洗面台は住友林業さんで作っていますが、へーベルハウスさんだけの仕様とのことでした。

朝は身支度で家族みんなが使用する洗面台は必ず込み合います。これは我が家の悩み事でもあったのですが、このダブルボールの洗面台で悩みも解消も出来ました。

個人的には利便性だけではなく、デザイン性、機能性も気に入っていて、さらにお客さんにも褒められるため、大変満足がいくお買い物になりました。

実際に遊びに来られたお客様もこの洗面台をみると「ホテルのようだね」と褒めてくれます。







ヘーベルハウスの静寂性

最後は「とにかく家の中が静かなこと」です。

入居する時に担当して下さった方にも言われましたが「雨が降って来たことに気がつかないことがありますので、お洗濯にはお気を付けください。」と助言されたほどです。

住んでみてわかりましたが、本当に静かなのです。

我が家は国道の一本中の道に入った場所のため、立地的には決して静かな場所とはいえません。

実際に国道には大きなトラックが結構な頻度で走っていますので、むしろ結構うるさい場所だと思います。しかし全く車の騒音が気にならないのです。

このように交通量の多い場所でも、昼夜通して静かに過ごすことが出来るため、落ち着ついた暮らしを送ることができています。

このようにヘーベルハウスで建てたマイホームに、今のところ悪い点は正直まったく思いつきません。

「まだ憧れのマイホームに入居して3年に入ったばかり」ということもあるかもしれませんが、2年以上生活をして不満なところはなく快適に過ごせているのが現実としてあります。

ヘーベルハウスのアフターフォロー

家は建てるまでの時間よりも、建ててからの時間のほうが圧倒的に長くなります。

そして住みはじめてわかるのが、そのハウスメーカーの企業姿勢ではないでしょうか?

つまりアフターフォローの充実度でハウスメーカーの良し悪しを測ることができると私は考えています。

へーベルハウスさんでは「お客様が本当に家の価値が分かるは入居してから」とお考えのようで、定期的にアフターサービスのお知らせが届きます。

その中には日々自分で出来るメンテナンスやお掃除の仕方などが丁寧に解説しているものもあります。

例えばフローリングにワックスをかけるのあれば、ワックスに適した季節があるのですが、そのタイミングを見計らって情報を掲載しているため、自分で行う時にとても参考になっています。

また「お掃除の勉強教室」なんてものがあり、自分が選んだ設備のお店まで行けば直接指導を受けることもできます。

また室内の建具の調節や不明点があればすぐに来て対応してくださいます。このヘーベルハウスのアフタフォローの姿勢には、とても丁寧さを感じています。

私の人生だけではなく家族の人生にとっても大きな出来事であるのが「家を建てること」です。それだけ大切な住む場所はいつまでも快適な空間に保ちたいと誰もが思うはずです。

しかし建ててすぐはピカピカの家も、人が住んでいれば必ず修理やメンテナンスは必要です。

建てた後のことをしっかりと考え、長くお付き合いできる会社を選ぶことが、ゆくゆくは「いい買い物ができたな」とご自身も、そしてご家族も納得されるのではないでしょうか。