一条工務店はおすすめのハウスメーカー?

一条工務店

在来工法の木造住宅と言えば、一条工務店を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

大手の中でも木造をメインとしているところはそれほど多くありませんので、気になっているという方も多いでしょう。

そんな一条工務店は静岡県浜松市発祥で、現在では全国に展開しています。

また一条工務店の年間着工数は約8600件となっています。その内3500件ほどが免震住宅です。

全体の着工数は他社と比較して圧倒的に多いというわけではありませんが、免震住宅の着工数、そして全体から見る割合は業界でもトップとなっています。

ハウスメーカーではなく、大手工務店の中では年間着工数は第1位です。一般住宅をメインで取り扱っている工務店の中では国内最大手です。

ここではそんな一条工務店についてチェックしてみましょう。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







強み・特徴・評価など

木造住宅と言えば、断熱性能や気密性能が低い、といったイメージを抱いている方も多いのではないでしょうか?

しかし、一条工務店では独自の技術や設計によって大手ハウスメーカーの中でもトップレベルの断熱性能や気密性能を実現しています。

さらに、他のハウスメーカーとの大きな違いとしてあげられるのが、住宅内の設備を自社の関連企業のみで設計・そして製造しているという点です。

もちろん、一般市場に出回っている設備も魅力的なものですが、専用設計のものを使用できることによって、部屋のレイアウトなどの自由度はより高くなります。

設備の選択肢もとても豊富ですので、理想的な住宅をデザインしやすいのです。

そして一条工務店の売りとして外すことができないのが独自の換気システム、ロスガード90です。

業界でもトップレベルの熱交換効率を誇っています。

前述の通り、断熱性能・気密性能が非常に高い住宅にこの換気システムを組み合わせることによって、エアコンなどのエネルギーロスを最小に抑えることができるのです。

つまり、エコ性能もとても高いと言えます。

そして、地震対策への評価が高いという点も一条工務店の特徴です。同社が拠点を置く東海地方は以前から大地震がいつ起こってもおかしくないと言われ続けてきました。

そのため地震に対する意識がとても高い地域なのです。そういった背景もあり一条工務店は早い段階から地震対策を行なってきました。

その結果、誕生したのが業界初の普及型免震住宅の「一条ハイブリッド」です。なんと、日本の戸建ての免震住宅の8割が一条工務店と言われるほどです。

今日ではさまざまな大手ハウスメーカーが免震住宅を販売していますが、その実績は一条工務店がナンバーワンなのです。

木造住宅と言えば、シロアリなどによる被害が怖い…そう考えている方も多いかもしれません。

しかし長年木造住宅を取り扱ってきた一条工務店ではそんなシロアリ対策をしっかりと行われています。

具体的には「加圧注入」という方法で対策がされています。

これは仕様する木材をタンクの中で薬剤に浸けて、加圧や減圧を繰り返すことによってしっかりと固着させるという方法です。これによって長期間にわたってシロアリの被害を防げます。

このように、一条工務店は長年の経験を活かした木造建築を作り続けているのです。







坪単価、平均面積、平均金額

見積もり

一条工務店は坪単価の幅が広いことで知られています。

同社でもベーシックな仕様の商品となる「洋風セゾン」で50万円からです。和風の住宅として人気を集めている円熟の家「百年」では坪単価は80万円とちょっと高めです。

一般的な40坪程度の家を建てるとすると、2000万円からという計算になります。

ただ、外構工事や諸経費などを含めるとプラスして400~500万円ほどかかることになりますので、総額で2500万円ほどは用意する必要があるでしょう。

それでも、大手住宅メーカーの中ではかなり安い方です。

先ほどもご紹介しました通り、自社で設備などの製造を一貫して行なっていますのでこれによってコストカットができます。

そのため、かなり設備にこだわったとしても、金額が跳ね上がってしまうことはないという点も一条工務店ならではの魅力です。

工法

耐用年数

一条工務店の住宅は国産のムク材を仕様した在来工法と、枠組壁工法を採用しています。

これらの工法を採用することによって、低コストでより自由なレイアウトの設計を可能としています。

近年のハウスメーカーではユニット工法などが人気を集めていますが、自由設計にこだわりたいのであれば在来工法がおすすめです。

耐用年数

一条工務店の住宅の耐用年数に関しては一概に「何年持つ」とは言えません。

特に在来工法の木造建築の場合、手入れによって耐用年数が大きく変わってしまうのです。

もちろん、法定耐用年数は十分に持ちますが、しっかりと手入れをすることによって、何代にも渡って暮らし続けることができるという点が木造在来工法のメリットでもあります。

また、ユニット工法などと違って、リフォームにも適しているという特徴があります。

なので、家族構成が変わったり、生活のスタイルの変化にもしっかりと対応できるでしょう。

持ち家計画資料一括請求プログラム

一条工務店はおすすめのハウスメーカー?

ページ上部へ戻る