記事の詳細

ハウスメーカー 一条工務店
費用 2200万円(30坪)/坪単価:73.3万円
所在地 兵庫県神戸市

1996年、神戸市内に30坪2200万円でマイホームを建てました。

依頼したハウスメーカーは一条工務店でした。

一条工務店の家に住んで10年以上になりますが、私が気付いた良い点、悪い点などをご紹介させて頂きます。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




一条工務店のここが大正解

一条工務店

住んでいた地域が冬場はとても寒くて室内も結露しがちなことを想定し、建築の段階から設計士さんと寒さ対策と結露対策について何度も話し合いや打ち合わせを重ねました。

その結果、当時ではわりと珍しかったのですが、1階・2階の全ての部屋にペアガラスを入れることにしました。

とういうのもペアガラスをいれることで結露はもちろん、断熱効果も格段と上がって光熱費も大幅にコストダウンできるであろうというアドバイスから採用することにしました。

2つの目の寒さ対策としては、浴室には暖房付きの浴室乾燥機を設置しました。

いまではヒートショックという言葉も一般的になってきましたが、冬場の寒いときに入浴するときには、浴室を温めてから入浴ができため、ヒートショック予防にもなっています。

三つ目はリビングに床暖房を設置しました。

冷え性の私は、冷たい床を歩くとびっくりするほど足先が冷えてしまうのですが、床暖房のおかけで温かく過ごすことが出来ています。

費用は余計にかかることになりましたが、寒さ対策としていくつかの設備を採用しました。

私の要望に対してどういった設備が適しているのかの提案を設計士の方から頂き、さらに予算にあった最適なもので設計して頂きました。

その結果、住み心地については、特に暖の部分は設計段階から力をいれたことが大正解だったこともあり、住んでみると本当に暖かく、快適に過ごせています。

またフローリングや柱など木のぬくもりを取り入れて、色味にも工夫を凝らして頂いたため、性能にプラスして視覚的にも心地よいため、心身ともにリラックスして毎日を過ごすことができています。







一条工務店のここが不満

これは大きな不満とまでは言えませんが、キッチンやトイレの棚の高さが少し高く感じます。棚を使うこときはいつも踏み台を使わなければ手が届かないのです。

例えばトイレであれば、トイレットペーパーを収納するときに棚の上に置こうものなら、取り出すときには便座に足をかけたり、踏み台が必要になります。

割りと頻繁に起こることなのに毎回こういった面倒があるため、この手の届きにくい棚は、特に何も収納することなく、機能していない棚になってしまいました。

いまではトイレは足元に置ける小さめのトイレットペーパー保管用の細長いボックスのようなものをホームセンターで購入し、設置する始末です。

その他、引き戸の扉のレールが甘いのか歪んでいるのか、扉がガタついたりレールの上をうまく滑らず引っかかってしまうので、扉が重くなったり開閉に難儀することがありました。

一条工務店のアフタフォロー

一条工務店のアフタフォローについてですが、10年以上住んでいる間に特に不満を感じることがなかったため、合格点を出せると思います。

先程の引戸の扉部分についても、アフターフォローとして10年補償の間にしっかりとレールの入れ直しなどの補修を無料で対応してくれました。

よく開閉する扉だったので、私達も知らず知らずのうちに負荷をかけてしまっていたのかもしれません。

その他にも細々とした不具合があったときにも、迅速にそして丁寧に対応してもらいましたので、一条工務店のアフタフォローには満足しています。

もちろん大きな瑕疵はありませんし、総合的に評価してもとても住み心地の良いマイホームだと感じています。

やっぱりよかった一条工務店の家

これからマイホームを建てられる方は、ぜひとも気の合う設計士さんと入念な打ち合わせを重ね、自分達が考えるマイホームのプランを全て話し、これだけは絶対にこうしたいという要望をを伝えることが大切です。

それにより設計士さんからさらなるアドバイスやプランを提案頂けるでしょう。

設計のプロの提案をご自身のマイホーム設計に加味することで、理想とする夢のマイホームが実現するのだと思います。

ただし実際には、予算から妥協しなくてはならないことが多少なり出てくると思います。優先順位をつけるなどして、これだけは絶対にというものは諦めずにしっかりと設計に取り入れて下さい。

それが今後、マイホームで暮らす楽しみにもなります。

はやろ妥協ばかりの家になってしまうと、住んでから後悔しか残りません。それでは何のためにマイホームを建てたのか分からなくなります。

そのため柔軟な提案力のあるハウスメーカーを見つけることが近道かもしれません。

予算内で我が家の要望を取り入れたプランを提案して、理想のマイホームを実現してくれた一条工務店はおすすめです。







関連記事

ページ上部へ戻る