記事の詳細

ハウスメーカー 一条工務店
費用 3500万円(37坪)/坪単価:105.7万円
所在地 山口県

定年退職を機に念願のマイホームを建てました。

最初は子供達がいる京都に家を建てる事も考えたが、親の事も気がかりで故郷である山口に戻りました。

私たちが選んだハウスメーカーは一条工務店、建坪37坪、総工費は3500万円でした。




ハウスメーカー選びから

先ず色々な住宅メーカーの家をを見学しました。

大手ハウスメーカーであれば、遠方に住んでいながら新居の設計を考える事が出来るメリットがあると聞いて安心した覚えがあります。

たくさんの住宅展示場を回るうち、おしゃれで高級感あるレンガタイル・出窓のあるモデルハウスが目に止まり一目で気に入りました。

モデルハウスに入ると人が快適に暮らすための工夫があちこち見られて、私達もこんな家に住みたいとこのハウスメーカーを選びました。

一条工務店の気に入った点「たくさんのシステムで快適な生活」

我が家には「全館床暖房」を取り入れています。家全体が暖かく温度のバリアフリーを実現し、ヒートショックや冷え性にも効果があります。

足元からまんべんなく身体を芯から温め優しい温もりに心まで軽くなる暮らしに快適です。

また家全体が優れた断熱材を使っているので冷暖房費が大きく削減出来財布にも優しく助かっています。

「太陽光発電買取制度」を利用しているので自宅で発電所を経営しているみたいでメリットを実感しています。

「三層ガラス」は断熱性以外にも防犯性、遮音性にも優れ、防犯警報装置器付があるので安心して暮らせます。

「空調設備」もあるので家の中の空気がきれいで健康にもいいです。

家の中はメーカーお勧めの色々なアイデアが取り入れられデザインも素敵で気に入っています。

おしゃれな出窓の下や壁一面に「収納スペース」があるのでたくさんの物を納める事ができるのも満足です。

そのため家具が少なく済む上、部屋がスッキリした感じになり広く見えるのがいい。家具が少ないので地震時にも安全な家だと思います。

そして「リビング・システムキッチン」は一番お気に入りの場所です。

キャビネットを思い切って赤色と白に統一させ、明るく広くオープンな感じにしました。来客にも居心地がいいと大好評です。

若い建築家の斬新なアイデアでメーカーオリジナルの「スライド・ブックシェフ」で3000冊以上ある本が納まりミニ図書館ができました。

本に囲まれて暮らしたいという主人の夢がやっと叶えられました。

若い建築家と私達のアイデアを出し合って洋間に床の間を作りました。床は白のタイル、壁は空色。現在風のスタイリッシュなデザインがお気に入りです。床の間にはやっと子供の作品の書を掛ける事ができて嬉しい。

設計時に建築家との話し合いにたっぷり時間をかけた甲斐あって新居にはとても満足しています。

大手メーカーならではの24時間アフターサービスがあることで「快適、安心」な生活が送ることができ心強く思っています。




関連記事

ページ上部へ戻る