記事の詳細

設計事務所とは?

インターネット検索

住宅を購入・建築する時の選択肢に、設計事務所を選ぶ方法もあります。

設計事務所とは建築士の資格を持つ人が、建築の設計やデザイン、工事の監理などを行ってくれると考えてください。

設計事務所に依頼するのはほとんどの場合が、注文住宅を建てるときになりますが、この点を考慮してこのページでは設計事務所のメリットについて考えていきます。




設計事務所を選ぶメリットってなに?

設計事務所を選ぶ時の最大のメリットとしては、ともかく自分の意向を取り入れることができ、オリジナルにこだわることができる点でしょう。

注文住宅と言っても、すべて自分の好きな間取りで建てられるとは限りません。

ハウスメーカーのデメリットでもあるのですが、ある程度の規格が決まってお、最初から自分の希望にあわせて家を建てることができないのです。

しかし設計事務所では建築家の人(建築士)と入念に打ち合わせをすることで、自分の希望を叶えた家を作ることができます。

当然建てる土地によっては制約を受けたりするのですが、安全面などを考慮した上でオリジナルの家を作るのなら設計事務所一択です。

フレキシブルな対応をしてくれますし、予算に応じた仕様でデザインを提案してくれるのが大きなメリットになります。

建築士のアドバイス

営業マン

もう1つ似たようなメリットになるのですが、建築家という専門家が個々の事情を把握・理解した上でデザインを設計してくれるのも大きなポイントです。

家というのは住む人の人数や年齢などによって、最適な設備・仕様・間取りなどのさまざまな条件が変わってきます。

その点で設計事務所の場合、建築家のプロの目線で家族ごとの状況を判断して、デザインを提供してくれるので、居住する家族にマッチした住みやすい家を作ってくれるはずです。

住宅という一生ものの買い物をする時には、後悔せずにしこだわりを持った家を作りたいと考える人も少なくありません。

この場合、柔軟な対応ができる設計事務所が一番かもしれません。

設計事務所なら工事の監理をしてくれる?

設計事務所というのは、デザインや設計図を書くだけではなく工事・施工の監理をするのも仕事の1つになります。

基本的な流れとしては、設計事務所で設計・デザインしたものを工務店が工事をするという形で住宅は建てられていくのですが、この時に工事の施行チェックもしてくれるのです。

施主がチェックをする場合もあるでしょうが、やはり知識的な面ではなかなか細かい部分はわからないものです。

しかし設計事務所の方で細かくチェックをしてもらうことができるので、施行の状況であったり図面通りに作られているのかなどもしっかり管理してくれるため心配する必要がありません。

監理計画なども施工前にしっかりと出してくれる設計事務所は多いので、必ず目を通しておくようにしてください。







関連記事

ページ上部へ戻る