記事の詳細

我が家はミサワホームで約3800万(約45坪)で購入しました。

マイホームを建てる前は、夫の職場の近くの賃貸マンションに住んでいました。夫の仕事は、全国に転勤がある職場なので、私は定年までは家を買うことは考えていませんでした。

しかし義理の母からのすすめや、夫もこれまで多くの転勤をしてきたので、今後は頻繁な転勤はないだろうということで、マイホームの検討を始めました。

またお互い両親が高齢になったことや、2人目の子どもが生まれてこともあり、子育てするにも周りの協力を得られた方が良いだろうということで、二人の両親との距離が近い場所を選び、マイホームを建設することになりました。

私はハウスメーカーにこだわりはなく、ある工務店が施工しているアンティークっぽいのもが素敵だなと思っていました。

しかし夫は家を建てるなら、ハウスメーカーと決めていました。夫曰く、「信頼性がある」という意見でした。




三社の中で迅速に対応してくれたミサワホームに決定

ミサワホーム

ちょうどそんな場所に大和ハウスパナホームミサワホームが参入した、100区画程の分譲地があり、それを義姉夫婦が見つけて来てくれました。

3500万円の予算で三社にプランを作成してくれるように依頼しました。

すぐに取り掛かってくれたのがミサワホームでした。営業の方がすぐに間取り図、予算を出してくれました。

そのプランを元に私たちは購入するかどうかを話し合いました。

そして購入することを決定すると、ミサワホームの営業の方はしっかりした計画を立ててくれて、段取り良く話を進めてくれました。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







アドバイスも的確

提案

また設計のアドバイスも的確でした。生活してからのことを想定して、電気の配置のアドバイス、パソコン、電話、インターネットの配線のまとめなどを提案してくれました。

インテリアのアドバイスも実物を見ながら決めることができたため、イメージがつかみやすくとても良かったです。

マイホームが完成するまで、営業の方がしっかりとフォローしてくれたため、不安に思うことなくマイホームの完成を待つことができたのです。

デザイン性の良さと、見積もりの誤差

ミサワホームで家を建てて良かったことは、丁寧に作って貰えてたこと、そしてアフターフォローの充実です。

実際に、半年点検、一年点検がありますし、修理が必要な場合も呼んだらすぐに来てくれました。また家の保険についても、火事や水害の場合などでも、しっかりと対応してくれるそうです。

手抜き工事も一切なく、その辺は夫が言っていた「信頼性がある」とういう意見を聞いていて良かったと思います。

ただし一点不満に思うことがありました。

それはマイホーム購入を決めて契約した時の見積もりと、実際に基礎を打つ時の値段が異なることがありました。見積もりの時より20万円程値上がりしていたのです。

契約書にサインした後だったので、泣き寝入りするしかないと諦めかけていましたが、義理姉夫婦も交渉に協力してくれ、なんとか10万プラスで丸く収めることができました。

しっかりと確認しなかったことはこちらにも非はありますが、購入を決めさせてからの値段変動というのは、やはり不満が残るものでした。







関連記事

ページ上部へ戻る