ハウスメーカー パナホーム
費用 4800万円(70坪)/坪単価:68万円
所在地 岐阜県

17年前に70坪ほどの2世帯住宅を4800万円で建てました。

マイホームを建てた経緯は元々住んでいた家が老朽化したことと、両親が高齢になったため同居の必要があったことで、取り壊しての建て直しになりました。

現在17年が経過しましが、壁紙やフローリングにこだわったため飽きもこなく、こまめに綺麗に掃除を続けていたカイもあって非常に良い状態が保たれています。

また高級感のある壁紙で多少の衝撃で凹んだり破れたりすることもなく、変色することもないまま綺麗な状態を保てています。

今でも満足できる家は、パナホームで建てました。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




家族の案をいれた自由設計の家

パナホーム

間取りにはかなりこだわりました。

まずキッチンからダイニングに入るところ、このリビングに一段高さを出して、堀こたつ付きの畳のスペースをつくりました。楽な姿勢でくつろげる掘りごたつは今でも家族の集まる場所になっています。

また採光にもこだわりました。

細い窓をいくつかつけたのですが、外からの視線は入りづらいけれども陽の光は入るようにしました。また2階に丸い大きな吹き抜けをつくることで日当たりの良い設計にしました。

家の形にもこだわりました。

私は四角い家は嫌だったため、角を削ってやらかい線を演出するといった設計を依頼したのですが、私の案をもとに設計士の方が出来ることとできないことをきっちり説明してくれて、さらに私の要望を最大限に取り入れて設計してくれました。

そのためちょっと珍しい、他ではなかなか見ることのない間取りになっています。

失敗もありました。

失敗もありました。

トイレ近くの廊下の扉の位置を間違えたため、キッチンが冬になるとかなり寒いのです。そのためキッチンに暖房器具が必須で、冬は暖房なしには料理はできないくらいの寒さなのです。

また一ヶ所だけ天井付近の壁紙が広範囲で浮いて剥がれてきています。広範囲のため目立ってしまいます。

他の場所は全く問題ないのですが、5年経過した頃から剥がれはじめたのですが、もしかしたら建築された方が失敗してしまったのかと思っています。

まgた壁紙の修理は有料だったのでそのまま放置しています。







パナホームのアフタフォロー

大手ハウスメーカーに期待していたようなアフターフォローはありませんでした。

もしかしたら担当者によるサービスの差もあるのかもしれませんが、我が家にアフターフォローに来てくださった方は、見た目が厳つく、愛想があるとは言えない方で、さらに言動においても適当な印象を受けました。

上記の壁紙の件でも、しっかりと調査することもなく、さっと見た感じで経年劣化だからとだけ言われました。

また補修するのであれば有料になると言われただけで、おおよその費用の提示もなく、やる気がないだけではなく、すこし恐い印象を受けました。

この対応には正直ガッカリしてしています。

家族が長く幸せに暮らせる家

しかしトータル的にみると、家族のアイディアや要望をふんだんに取り入れた家のため、それらを実現してくれたパナホームの施工には満足しています。

そして2世帯家族の全員が集まっても広々としたリビングにしたため、快適に過ごせるため長く家族団欒を楽しめています。

また17年経過したとは思えないほど綺麗な状態なので、いつお客さんがきてもはずかしくないのはとても満足しています。

実際に外壁の塗装以外は、大規模な修繕や修理を必要と感じる箇所はいまのところ見当たりません。

そのためパナホームの家は一度建ててしまえば、暫くの間、修繕やメンテナンスで必要になる経費はほぼないのでは思います。

もちろん水回りも壊れたことはありませんし、配線関係も問題は出ていません。

新築時にはパナソニックの家電製品をいくつか頂き、新しい家に新しい家電を利用できて気持ちよかったですし、建築期間の想像していたよりもが短く、新たな生活をスタートできたのも非常に満足しています。