アフターフォロー

工事期間

住宅会社を選ぶ時にはいくつかのポイントがあります。

その中の重要な判断基準の1つとして、アフターフォローの充実度があげられます。

基本的に住宅は購入して終わりではありません。

きちんとした保証であったり、メンテナンスを施していくことで、その後も何十年と安心に快適に暮らすことができるのです。

つまりアフターフォローがしっかりした建設会社を選んだかどうかで、この先何十年間の安心した生活に影響を与えると言えるのです。




住宅会社をアフターフォローで選ぶ時には?

メンテナンス

住宅会社におけるアフターフォローは、やはり大手ハウスメーカーなどが一歩抜きん出ていると言っても過言ではありません。

何故ならアフターフォローは短期間のフォローよりも、何十年という長期間にわたって行うことに価値があるからです。

この点でハウスメーカー工務店設計事務所から住宅会社を選ぶ時は、やはりハウスメーカーが有利だと言わざるを得ません。

何故ならハウスメーカーにはしっかりとした保証やメンテナンスがついてくるからです。これらの費用は建設費に反映しているといってもいいのかもしれません。

また保証期間中の倒産リスクを考えれば、やはり会社の規模が大きいハウスメーカーの方が有利言えるでしょう。

なぜなら企業の倒産リスクは、小さな工務店であっても大きなハウスメーカーであっても存在するリスクが、企業を運営していく資金面での体力を考えると、どうしても有利不利は出てくると考えられるからです。

そうした意味でもハウスメーカーの長期保証には説得力があると言えます。

アフターフォローにはどんなものがある?

ただハウスメーカーと工務店では、アフターフォローの質が違っているのも考慮すべきことでしょう。

ハウスメーカーの場合、定期的なメンテナンスであったり長期の保証などを行っており、専門の部署がその管理を行っています。

そのため本来行われるべきだったアフターフォローが行われないといった状況はあまり考えられないのです。

きっちりと定期的にメンテナンスを施すことで、住宅というのはより長持ちをするものですので、さらに会社の信用性はかなり高くなるでしょう。

反対にリノベーションなど躯体の変更に関するような相談や要望などには対応しにくいというのが、ハウスメーカーのデメリットかもしれません。

対して工務店の場合、ハウスメーカーのような管理されたアフターフォローを望むことは少し難しいかもしれません。

しかししっかとした人間関係を築いていた場合は、気軽にメンテナンスにきてくれるケースも多々あるようです。

担当者から工事部隊を手配するハウスメーカーよりも、工務店はフットワークが軽く、些細なことであっても修理などに対応してくれるのは工務店ならではの強みです。

当然長期間の保証を期待することもできますが、より細かなメンテナンスを望んでいるのなら工務店がマッチしている場合もあります。