ハウスメーカー 積水ハウス
費用 2600万円(約35坪)/坪単価:74.2万円
所在地 兵庫県神戸市

2006年に神戸市の建築条件付き分譲地でマイホームを新築しました。

選んだハウスメーカーは積水ハウスでした。

予算は2600万円(約35坪)で念願のマイホームを建てました。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




メーターモジュールでゆとりある空間

積水ハウス

積水ハウスではメーターモジュールが採用されています。

建築する際の基本寸法は、90センチ幅の「メーターモジュール」と80センチ幅の「尺モジュール」があるのですが、このわずか10センチの違いが、空間にゆとりをもたらしてくれます。

特に階段や廊下などではすれ違う際にストレスを感じることもなく、快適に日常生活を送ることができます。

気密性が高いためのデメリットもあり

メリットがたくさんある高気密の住宅ですが、そのためのデメリットもわずかですがあります。

トイレや洗面、お風呂などの水回りは、換気をきちんとしておかないとあっという間にカビが生えてしまいました。

外出の際は窓を閉めますので、その際はいつも換気扇をつけるよう気を付けなければなりません。

建築当時の10年前はエコカラットなどの調湿材があまり一般的でなかったので、もし次に水回りをリフォームする際にはぜひ調湿の壁材などを取り入れたいと考えています。







小さなことも相談できるカスタマーズ

積水ハウスにはカスタマーズセンターがあり、建築した際から10年間同じ担当の方が必ずついていくれています。

そんな気ごころ知れたカスタマーの方には、扉の不調や、部材のねじがゆるくなったなど小さなことでも相談をさせてもらい、細々と修理をしてもらっています。

先日無料の10年点検が終わりましたが、私たちが見ることのできない屋根や雨どいなどカメラを使い撮影をしてくれ、画像を見ながら丁寧に状況を説明をしていただきました。

特に傷んだところもなく、さすが積水ハウスという感じです。

その点検の際、バルコニーの床材が経年劣化により割れていたのですが、ありがたいことに無償で交換していただけました。

10年経っても色褪せることのないクオリティ

積水ハウスは他の住宅と比べ、標準装備の設備がすでに高クオリティだと感じます。

そのため10年たった今でも、キッチンやトイレ、洗面、お風呂など様々な設備が古く感じることなく、最新の住宅のようなたたずまいをしています。

造り付け収納の充実やメンテナンスがしやすいことで、お掃除や片付けが楽にできることも一因かもしれません。

ワンランク上のいつまでも色褪せない暮らしをしたい方に、是非おすすめしたいハウスメーカーです。