記事の詳細

私は積水ハウスで3000万円(39坪)のマイホームを建設しました。

積水ハウスを知ったきっかけは、住宅展示場に行ったときに、とても私好みのモデルハウスがあり、そのモデルハウスが積水ハウスだったのです。

私たち夫婦は、まったくといっていいほど家を建てることに無知でした。

住宅展示場ではミサワホームやセキスイハイム、ダイワハウスと大手のハウスメーカーを見学してまわまりました。

各ハウスメーカーで大体の予算と部屋数・間取りなどの希望を伝えて見積を作成してもらいましたが、どれも予算にはあわず、どうしようか悩んでいました。




ベテランの営業マンの提案力

積水ハウス

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。

こういった中でであったのが、積水ハウスの営業マンでした。

この方はその地域の売れっ子営業マンらしく、とても多くの提案をしてくれ、私たちの要望を取り入れつつ、予算に合わせた設計プランを何個か出してくれました。

また「ここをこうしたい」と要望を出すと、その場でプランを書き直してくれ、予算が増えるときは節約できるところを調整して、予算を掛けるべきところにはしっかり根拠をレクチャーしてくれつつ、的確なアドバイスしてくれました。

この臨機応変に、そして迅速に対応してくれた営業マンの提案力を私たち夫婦は気に入り、積水ハウスでお願いすることになったのです。







打ち合わせから引き渡しまで、アフターフォローも完璧

営業マン

その後の、詳細に関する打ち合わせは、展示場ではなく積水ハウスの事務所でおこないました。

これの打ち合わせのシステムは、毎回事務所まで行かなくてはならないのは大変でした。

私の場合は、片道1時間以上かかり、共働きのため打ち合わせをする日は休日が中心となり、休日が打ち合わせのみで一日終わってしまうこと続きました。

事務所から近い方は問題ないでしょうが、遠方の場合は少し配慮した打ち合わせ場所を設定してくれればと思いました。

契約してからは、まず工場見学から参加しました。

建物の構造などについて詳しく説明してもらい、自分たちの目で確認して納得できたのもよかったと思います。また内装もそれぞれ部門ごとのプロが担当制になり、ひとつひとつ、メリットデメリットをアドバイスしてくださいます。

実際住んでいる方はどういう生活をしていて、どのうような印象をもっているのかと質問する、実際にそれを積水ハウスでマイホームを建設した家を見に行く機会を作ってくれました。

打ち合わせ全般を通して、各担当の方にはとても親切に進行して頂けました。

建設工事が開始

家の建設が始まると、現場の方も親切な方がほとんどで毎日様子を見に行きました。進み具合を確認しますかと声をかけてくださったりしてくださいました。

進みも順調で建設が完成し無事に引き渡しが済んだ後も定期的に様子を見に来てくださったり、調子が悪いと伝えるとすぐに修理の手配をしてくれたり、営業マンだけではなく、現場の方々やメンテナンスの方々も素晴らしいと思いました。

やはり、積水ハウスは長いこと建設数が一番の大手なだけあってすべてにおいて完璧な仕事をするハウスメーカーだと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る