家は一生でいちばん高い買いものです。

絶対に失敗したくないので、実際にたくさんのハウスメーカーをみて、たくさんの選択肢の中から選べるところがいいと思い、住宅展示場に足を運びました。

まず最初に入ったモデルハウスは積水ハウスでした。

そのあと3~4社ほどほどまわってパンフレットをもらったり、家の説明を聞いたりしました。




積水ハウスでマイホームを3,500万円(43坪)で建設

積水ハウス

この段階で「2世帯住宅」を建てることは決定していたのですが、まだ土地が見つかっていない状態でした。

各展示場で土地のことを相談すると、どこのハウスメーーかも土地探しからお手伝いしてくるということでした。

もちろん、探す土地にはいくつかの条件があり、その中でもそのとき住んでいたマンションからあまり遠くないところということが第一の条件でした。

結局、条件に見合う土地を一番最初に探して提案してくれたのが積水ハウスの営業の方でした。

その土地は私達の要望通りの南向きで正方形のとてもよい土地でした。

また土地探し以外のことでも、積水ハウスのモデルルームがとても素敵だったことや、実際に住んでみたいと思わせる要素を多く感じることであったのです。

さらに建築関係の仕事をしていた主人も気に入っていて、サッシのつくりがしっかりしていると言っていました。

何より積水ハウスは有名メーカーですし、ハイクラスの私にとってあこがれのメーカーだったのです。

また会社の規模も大きいため、たとえば洗面所ひとつ、壁紙ひとつとってもたくさんの中から選ぶことができると思いました。

※どこのハウスメーカーで家を建てるかお悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







アフタサービスがすばらしい

アフターケア

2世帯住宅だったのですが、1階と2階で完全分離型のプランで建設しました。

そのため、水回りすべてを2つずつ用意する必要があったため、間取り、設備機器など、決めることが多かったため、決定するまでに多くの時間を費やすことになりました。

しかし、営業の方がよいプランを考えてくれ、また何度も詳細な打合せを行ってくれました。その結果、満足のいくマイホームをつくることができたのです。

また、この家には10年以上住んでいますが、外壁の劣化が少ないように思います。

よく人に10年たったように見えない綺麗な家だといわれて、とてもうれしくなることがあります。

そして、アフターサービスがとても良いと思います。

扉の不具合があったりすると、すぐに来て直してくれます。特に凄いと思ったのは、住み始めて3~4年したころ、キッチンの扉の合板が少しだけ「浮いた感じ」になっていたのです。

すると別にこちらで文句をいったわけでもないのに、キッチン全部の扉(18枚)を交換してくれたことです。この時は「さすが積水ハウス」と思いました。

今ままで住んだ感想として、悪かったことはとくに感じたことはありません。

強いて言うならば、やはり他のメーカーにくらべると建設費が高かったかもしれません。でも、アフターサービスのことを考えれば、そうもいえないと思っています。