住友林業はおすすめのハウスメーカー?

住友林業

住宅を建てるにもさまざまな構造、工法があります。

近年ハウスメーカーで家を建てる場合、軽量鉄骨造や重量鉄骨造が主流になりつつありますが、やはり日本の住宅と言えば、木造をイメージする方は多いのではないでしょうか?

そんな木造住宅の日本最大手となるメーカーが住友林業です。

その名の通り、本業は林業で、なんと日本の人工林の0.4%を保有しています。そのため、常に良質な木造住宅を安定して供給可能なのです。

そこで、ここでは住友林業についてチェックしてみましょう。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。

強み・特徴・評価など

住友林業の最大の強みと言えば、やはり良質な国産材を使用した木造住宅を供給してくれるという点なのではないでしょうか?

他メーカーでも木造住宅を展開していることはありますが、国産材の使用比率はやはり住友林業がかなり高く、安心して生活できるでしょう。

一般的に、良質な国産材は価格が高い傾向にありますが、冒頭でもお話した通り、住友林業では広大な自社保有林がありますので、価格も比較的安く抑えられています。

ただ、こう言ってしまうと100%国産材を使用していると思われがちですが、住友林業でも構造材における国産材の割合は30%ほどといわれます。

それでも100%海外の木材に頼るメーカーが多いことを考えると、かなり国産材の割合は高いと言えるでしょう。

また木造住宅は鉄骨造住宅と比較すると耐震性が低いと思われてしまいがちです。実際に1995年の阪神大震災で多くの木造住宅が倒壊している映像を見て、不安を感じたという方も多いのではないでしょうか?

ですが、住友林業では詳しくは後述しますがさまざまな工法を木造住宅に取り入れることによって高い耐震性を実現しています。

なんと住友林業の住宅は標準の仕様で耐震等級3を実現しているのです。これは現在の建築基準法で定められている強度の1.5倍もの強さであることを意味します。

つまり、住友林業の住宅は木造でありながら非常に地震に強いと言えるのです。

木造に特化したメーカーということもあって、商品数は他の大手と比較するとやや少ないと感じられるかもしれません。

しかし契約前の段階から設計担当者やコーディネーターとの打ち合わせも可能となりますので、理想の住宅作りをするための「提案力」が高いメーカーとしても住友林業は知られています。

このように住友林業はあらゆる点で「安心して」住宅を任せることのできるメーカーであると言えます。







坪単価、平均面積、平均金額

見積もり

では気になる価格はどうなのでしょう?

残念ながら住友林業は大手ハウスメーカーの中でも特に坪単価が高いと言われています。平均すると1坪辺りの価格は75万円ほどとなっています。

また平均的な面積は40坪ほどとなっていますので、住友林業の標準的な住宅を建てるには本体工事費だけで3000万円は必要となります。

そこに外構や空調機器な、さらに経費などを加えると3500万円以上は必要となるでしょう。

もともとは木造住宅よりも鉄骨造住宅の方が坪単価は高い傾向にあると言われています。それであるにもかかわらず、住友林業は大手鉄骨造メーカーよりも坪単価が高い傾向にあります。

こういった点から考えると「安いから木造にしたい」という方にはあまり適していないと言えるでしょう。

逆に「より高品質な木造住宅を建てたい」というは満足することができるでしょう。

工法

住宅構造

住友林業の代名詞となっているのが「ビックフレーム」と呼ばれる工法です。

従来工法と比較すると、重量鉄骨造に近い工法となっています。そのため、従来の木造建築にはないさまざまな恩恵を受けることができるのです。

具体的には大きな窓を確保しやすい、大きな開口を作ることができる、間取りの自由度が高い、といった点が挙げられます。

もちろん、3階建などの大型の住宅にも対応可能です。

柱や構造上必要な壁は少なくなりますが、もちろん耐震性にはまったく影響はありません。

また住友林業の住宅が高い耐震性を実現できる秘密の一つとなっているのが独自の「きづれパネル」と呼ばれる壁です。

格子状に複数の種類の木を組み合わせて壁にすることによって、より高い強度を実現しています。







耐用年数

耐用年数

住友林業の住宅の工法は在来工法やツーバイフォー工法が中心となりますので、法定耐久年数は22年となります。

しかしこの耐久年数は税制上のものという色合いが濃いことから、実際にこの年数で住めなくなってしまうわけではありません。

一般的に、木造住宅はメンテナンス性が非常に高いことから、正しくメンテナンスをすることによって、高い耐久性を実現してくれます。

それこそしっかりと手を加え続ければ、何代にもわたって暮らせる住宅にできるはずです。

これこそが、品質の高い木造住宅の最大のメリットと言えるでしょう。

あなたのマイホーム計画。本当に満足してますか?

カンタン入力で、複数のハウスメーカーや工務店から、もちろん無料で資料請求ができます。



住友林業はおすすめのハウスメーカー?

ページ上部へ戻る