記事の詳細

ハウスメーカー トヨタホーム
費用 3600万円(40坪)/坪単価:90万円
所在地 愛知県

2005年、愛知県に玄関は一緒で水回りなどはすべて別の設計で二世帯住宅を建設しました。

マイホームを依頼ハウスメーカーは、トヨタホームでした。

マイホーム費用の打ち合わけは、土地は親の土地100坪を活用して、建坪40坪で建物費は3600万でした。

また庭を少しコンクリートで埋めて駐車場を作り、外構費として追加で100万かかったため、総費用は3700万でした。

それでは10年以上住んでいるトヨタホームの家についての満足している点、不満な点をご紹介したいと思います。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




トヨタホームのココに満足

トヨタホーム

「工場生産だけあってムラがなく頑丈」
トヨタホームの家はすべてトヨタホームの工場で作られたものが配送され組み立てられるので、建物も頑丈で住みやすい感じがします。

親世代が下の階、子供世代が2階、という作りにしたので、夏になると上の階がとても暑く感じられるということもありますが、その分冬の暖房費が抑えられている気がするので良いです。

また、家を建てると決めた時に実際にいくつかのトヨタホームの家を見て回ったのですが、外観のタイルなども高級感があって気に入っています。

和室の畳にしても昔ながらの畳と今風の畳が選べて良かったです。

親世代は和風、階段を上がって2階に行けば子供世代は今風の部屋にできたので二世帯で満足できる家になりました。







トヨタホームのココが不満

トヨタホームの不満と言えば、「窓の位置をもっと考えて作れば良かった」という点です。

家の窓の位置については深く考えず、外観的に良いと思えるところにいくつ設置してしまいました。

しかし実際住んでみると隣の家の窓と近い位置に窓を作ってしまっていたため、窓を開けづらい状況となってしまいました。これは我が家だけではなく、お隣さんにも悪いことをしたなと後悔しています。

また完成後に家を眺めて気付いたいのが、あったら良いと思うところに窓がなかったりと、いくつか窓の位置で気に入らないと思うところもいくつかありました。

そのため家の完成図は図面だけでなく立体図でも確認して窓の位置や数などを決めれば良かったとも思いました。

また窓も出窓などもっとこだわった部分を出せばよかったとも思いました。

窓(位置・形など)にこだわることの重要性をあとになって知ったため、みんさんはこういったことのないようにご注意下さい。

トヨタホームのアフターサービス

トヨタホームのアフターサービスについてですが、最も記憶に残っているのが「ベランダからの水漏れにもきちんと対応」してくれたことです。

トヨタホームは10年無料保証がついていたので、両親の部屋の窓から雨漏りをした時に無料で補修して頂いたとこがありました。

両親の部屋の上がベランダなのですが、そのベランダに花壇などを置いておくと土が流れ出て詰まってしまうため水の通りが悪くなり、それが下の部屋の雨漏りにつながってしまいました。

そうした時も無料でベランダの点検と補修、下の部屋の雨漏りしている部分の修理なども行って頂いたのです。

また何日も日数をかけることなく、すぐに工事を完了して頂くことができました。

またベランダ以外にも、定期的に家全体の点検を行ってもらっていますので、安心して暮らすことが出来ています。

家の点検やメンテナンスは、購入後は各自で行わなければいけないようなことも多いですが、忙しくて放置してしまうこともあります。

しかしトヨタホームではこうした定期点検を行っていますし、またアフターフォローもしっかりしているため、トヨタホームはおすすめできるハウスメーカーだと思います。







関連記事

ページ上部へ戻る