記事の詳細

写真は基礎部分の貫通口の写真です。

基礎部分を貫通している給湯器の配管・配線廻りの止水処理が未施工です。

基礎部の配管

kiso001

住宅の設備関係は建築本体工事がほぼ完成の間際に設置されます。

その時点は外構工事・住宅内部の仕上げ・電気・設備等現場は混雑を極めます。

写真のように設備配管廻りは最後の工程になり、よく忘れてしまいがちです。

完了時に検査はしているのでしょうが、チェックは万全にして欲しい事例です。




アンカーボルトの位置

写真は同じく基礎部分の写真です。

kiso002

アンカーボルトが土台墨みの位置に当たっています。

このまま土台を伏せるとこのアンカーボルトは土台の端から出てしまいます。

アンカーボルトは基礎と土台を緊結する大切な役割を持った金物です。施工する時には十分に注意が必要です。

アンカーボルトはしっかり設置して欲しいですね。

基礎貫通スリーブの処理

写真は同じく基礎部分の写真です。

kiso003

基礎の貫通スリーブの廻りの止水処理が未施工です。

この住宅は基礎パッキン工法を使用しない住宅です。エアーサイクル住宅で強制的に床下の換気をを行う工法を取っています。

写真は排気管のスリーブが基礎を貫通している状態です。

本来ならば配管の廻りをコーキングで止水処理します。

台風の時に床下に雨水が入ったら大変です。止水処理はしっかりお願いします。







関連記事

ページ上部へ戻る