便利なインターネットの活用

不動産物件検索

マイホームを注文建築で購入しようとする際に具体化の第一歩となるのが土地探しです。

というのも、土地には物件ごとに建蔽率や容積率など、その土地に建物を建てる際に制約される条件が異なりますので、土地が決まらないとどのような住居を建てられるかの具体的な想定ができないからです。

マイホーム用の土地探しの手段としては、大きく分けて不動産会社に直接依頼する方法とハウスメーカーに依頼する方法、そして自ら探す方法の3つの方法があります。

この3つの中で最もきめ細かく土地探しをできる手段が自ら探すことです。そして自ら探す際の最も効果的な方法がインターネットによる土地探しとなります。

インターネットによる土地探しが最も効果的と言える理由として、一番多くの土地物件の情報がインターネット上に存在しているからです。

家を建てたいと思ったら!理想の家づくり。成功のコツとは?
家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】
マイホーム

インターネットで土地を探すメリット

1つは土地の売主からすれば、より早く、そしてより高い額で土地が売れる可能性を高めるためには少しでも広く情報を拡散させることが大切です。

だからこそ、土地を売る際にインターネット上での告知を拒む売主はめったにいません。

そしてもう1つの理由は、現在の不動産業界内のオンライン化によって売りに出される物件の情報はどの不動産会社と媒介契約を結んだとしても、不動産会社の許可さえあれば全ての不動産会社で扱うことができるのです。

これらの理由を根拠に、土地物件に関する情報が最も充実しているのはインターネットであると言えるのです。




売り切れの物件もあるので注意

物件確認

インターネットで土地探しを行う際には、まだ売りに出されている物件が、実際には既に売れてしまっているというケースも少なくはありません。これは物件情報の削除を手作業で行う場合、タイムラグが発生するためのです。

そのため良いと思う物件があった場合には、なるべく早く不動産会社やハウスメーカーに連絡を入れて、まだ売れていないことを確認してもらうことが大切です。

不動産会社が土地物件の情報をアップするのは週に1回というケースが多いため、インターネットで土地物件を検索するのは少なくとも週に1回以上の頻度で検索することが重要です。




インターネットで土地を探すメリット

そして次のステップとして、気になる物件を見つけたて、物件の有無の確認や詳細情報の取得を依頼する最適な依頼先を決定しなくてはなりません。

特に同一物件が複数の不動産会社で取扱がある場合は、どこに依頼すべきか迷うこともあるでしょう。

その答えは注文建築を依頼しようと考えるハウスメーカーになります。

なぜ不動産会社ではなくハウスメーカーの方が良いのかといえば、土地は面積だけではなく建蔽率や容積率などの条件を元に希望する住居の建築が可能か否かを分析する必要があるからです。

自分で土地探しを行う場合には、あらかじめハウスメーカーの担当者に対して、自分で探した土地物件に関して、詳しい情報の収集を依頼する可能性があることを事前に共有しておくことも大切なのです。

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!