記事の詳細

土地探し

不動産物件検索

マイホームを新築する主な方法として、分譲住宅(建売)を購入する方法と更地の上に注文住宅を建てる方法があります。

分譲住宅はハウスメーカーの住宅展示場に行くとモデルハウスを見学することができ、気に入った住宅があればその場で注文することができます。

建売住宅は急いでマイホームを新築したい人にとっては最適で、注文住宅よりも安い価格でマイホームを新築することが可能です。

一方、注文住宅はオーダーメイドの住宅で、更地の上に自由設計をした戸建住宅を建てることができます。

住宅の設計は建築設計事務所に依頼すると建築士と相談のうえ、自分の好みを反映させた住宅を設計してもらえます。

注文住宅は工務店に頼んでも、提携している建築設計事務所が設計を行ってくれますので、希望通りのマイホームを建てることができます。

また注文住宅を建てる場合には、まずは建設地となる土地の確保から始めることになります。

土地探しはインターネットの物件情報サイトを利用すると、希望に合致する更地をパソコンやスマートフォンで探すことができます。

インターネット以外の土地探しの方法としては、新聞の折込広告や住宅情報誌などでも更地の物件情報が掲載されていますので、ネットが苦手な人でも住宅建築用の更地を見つけられます。




重要な建築制限

物件情報サイトや新聞のチラシ、住宅情報誌などを調べてみても最適な物件が見つからなかった時には、不動産屋の店頭に行って相談すると、注文住宅を建築できる最適な更地を紹介してもらえます。

更地を購入する際には、物件によっては建築制限などによって、望んでいるような戸建住宅を建てられない場合があります。

不動産屋の店頭には不動産取引の専門家である宅地建物取引士が在籍しており、法令上の制限などを詳しく説明してもらえます。

宅地建物取引士は不動産の情報に精通していますので、希望を伝えると膨大な物件情報の中から希望に合致している更地を探し出してくれます。

建築条件付土地も紹介してもらえますので、住宅ローンを組んでマイホームを建てることが可能です。

更地を購入する際には住宅ローンを利用することができないので、この点に関しては十分に注意をすることが必要です。

建築条件付土地は例外として住宅ローンを利用することが可能になりますので、マイホームを建てる際には大きなメリットになります。

このようにマイホームを購入する時には、いろいろな法律の知識が必要になります。

インターネットを使って独力で物件を探すことも大事ですが、不動産屋の店頭に行って専門家と相談してから物件を探す方が何かとメリットがあります。

マイホームの新築を思い立った時には、まずは不動産屋の店舗に行って、専門家に相談することが何よりも大切です。

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!

関連記事

ページ上部へ戻る