記事の詳細

核家族化や少子化の影響もあり、家族構成は一昔前とは異なり小規模化してきています。

しかし家族構成の大小を問わず、住宅の必要性に変化はありません。

誰でもマイホームを持ちたいと思うのは当然のことではないでしょうか?

ここでは家族構成が2~3名の方が、マイホームを買う時の理想の間取りについて考察していきます。

また夫婦と子ども一人、またはどちらかの親と同居といった家族構成を想定して考えていきましょう。

家を建てたいと思ったら!理想の家づくり。成功のコツとは?

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】
マイホーム

家族構成に合った間取りとは?

理想の間取り

家族とはいえ、やはり独立した一人の人間である以上、プライベートな時間は大切です。

そのためひとり一部屋を確保することが理想となります。つまりリビングに最低人数にプラスした部屋数がある家が理想となります。

また新婚であれば寝室も一緒が良いと言う人や夫婦は一緒の部屋が良いという方もいます。こういった場合、住む人数=総部屋数が理想的と言えます。

どちらにして部屋数が多いことが理想的な間取りになってしまいますが、部屋が多いことにもデメリットはあります。

最も大きなデメリットは経済的な負担でしょう。そして日常できなことを考えれば掃除の手間がかかること、将来的なことを考えれば、家族が減ったときに部屋が余ってしまうことが考えられるのです。

そのため現在と将来を考慮して、広すぎず狭すぎずといった間取りの家を選ぶことが大切です。

また将来設計として、子どもが増える予定があるのなら、1人で使っている部屋を分割して二人で使えるような設定をしておくことが大切です。

思春期や反抗期に入って親と同じ空間にいるということが苦痛となる時期になると特にプライベートな空間は子どもにとってとても大切です。

また家でプラベート空間が無い場合、どうしても外出する以外一人に方法がなくなってしまいますので、そのようなこともしっかり考えて事前に対策を練っておくことが大切です。




リビングの重要性

リビング間取り

これらのことを考慮すると、家族構成が2~3名の理想の間取りは2LDK以上はほしいところです。

しかし家族の時間を特に大切にしたいと考えているのであればゆったりとしたリビングがある物件をお勧めします。寝る以外の時間をリビングで家族団らんを楽しみ、家族の絆を深めるには居心地の良い空間は重要です。

また結婚したてで初めての共同生活の場合、お互いに仕事をしていると生活リズムのズレが気になってしまうことも少なくはありません。そのため、理想的としては玄関からリビング、そしてリビングから各部屋に入ることが出来る間取りが理想的です。

こうであると、リビングにいればお互いが帰ってきていることも確認できますし、それだけでなく喧嘩になってしまったときに直接部屋が繋がっていないことでお互いに一度頭を冷やすこともできます。




間取りと場所

これは大家族が住む場合であっても同様で、リビングが家族全員のおのおのの部屋につながっていることが理想的です。

こうすることで家族間の会話も自然に持つことが出来るので、楽しく暮らすことが出来ます。

ついでに立地についてですが、夫婦共働きでフルタイムで仕事をしている場合は、どちらの職場からも遠すぎない場所を選ぶことがお互いのためにも大切です。

どちらかの職場に近く、もう片方の職場に行くには長時間かかってしまうというのはストレスの原因にもなります。

お互いの職場の中間地点程度の立地にある物件を選ぶことがオススメです。また駅から近い物件も通勤や通学に便利でオススメです。

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!

関連記事

ページ上部へ戻る