記事の詳細

マイホームを購入する際に考えることは理想の間取についてではないでしょうか?

理想の間取りと一言で言っても、家族の人数によっても大きく異なります。

例えば大人数の家族構成であれば、リビングは広く皆がくつろげる空間がおすすめな事が想定されます。

逆に少人数の場合は、リビングをあまり広くしてしまうと空間が気になったり、夏と冬の期間の冷暖房費がかさんでしまうことも考えられます。

このページでは、家族構成4~5人の理想の間取について考察していきたいと思います。なお、夫婦と子ども2~3人のケースで定していくことにしましょう。

家を建てたいと思ったら!理想の家づくり。成功のコツとは?

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】
マイホーム

子供に合わせた理想的な間取り

提案

まだ子どもが小さい場合は、子どもに目が行き届く間取りが良いと考えられます。

例えば夕飯の準備のためにキッチンにいる場合、子どもが何をしているのか視界に入ることで安心感を得られるでしょう。

この場合、対面型キッチンを設計すると料理中も子どもが何をしているのか目を配る事が出来るようになります。

またこの家族の場合で子供が学校に行きだすと、洗濯物の量も回数も増やさなくてならないでしょう。しかし梅雨の時季などは、なかなか乾かなくて、困った経験をする方も少なくありません。

そのため室内に洗濯物を干せるランドリールームがあると非常に便利に感じることもあります。

また北国のウィンターシーズは雪のため室内干しが必須になりますので、ランドリールームは大活躍するでしょう。

また子どもの成長を想定して、リビングルームは広めに設定した方が後々快適になることが多いと考えられますし、日当たりが良くて景色が良く見える場所にすると、部屋にいながら四季の変化を楽しめることになります。

このように景色を楽しめると、毎日の食事の時間や家族でリビングでくつろぐ時間が楽しくなります。




窓の位置

リビングの窓の位置や数は重要になります。

例えばあまりにも窓が広かったり数を多く作ってしまうと、日当たりは良いというメリットはあるのですが、反面としてプライバシーの面で不安があります。

現在は隣が空き地で誰も住んでいなくても、将来、その空き地が売却されて他の人がマイホームを建てる可能性は十分に想定されます。そして隣の家からリビングの中が見えてにしまうという可能性も出てきます。

対策のためにカーテンをすれば日当たりの良さを犠牲にしてしまうことも考えられますので、やはりリビングの窓は適度な数、そして大きさのものをチョイスすると良いでしょう。

これらのことは子どもが将来、例えばピアノ等を習う際にピアノを置く場所に困らないことに繋がります。あまりにも窓の数が多いとピアノを置く場所に困るからです。

また子ども部屋は可能な限り兄妹同士独立したスペースを設置した方が教育学的に良いという研究結果もあります。独立した部屋の方が子どもが責任感や個性を芽生える環境となりやすいと考えられているからです。

このように現在の家族構成だけを考えるのではなく、将来のことを想定して間取りを考えることが快適に生活するための間取りになります。

そして快適な間取りこそが、理想の間取りになるのではないでしょうか?

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!

関連記事

ページ上部へ戻る