記事の詳細

注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅

マイホーム購入を検討する際に、大きく分けて注文住宅と建売(分譲)住宅という選択肢があります。

ここでは注文住宅のメリットとデメリットについてご紹介します。

注文住宅は、家を建てる人の要望を取り入れて白紙の段階から家を建てるものであり、ハウスメーカーや工務店、建築家などに建築を依頼し更地にマイホームを建てていきます。

一方の建売住宅はすでに家が完成している、あるいは完成直前の家を購入するというものです。

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅と建売住宅には、それぞれメリットとデメリットが存在し、一方のメリットが、もう一方のデメリットであることもあります。

例えば注文住宅の場合には、前述しましたようにゼロから計画していきますので、打ち合わせや工事など入居までに期間が必要となります。

対して建売住宅の場合には家がほとんど完成していますので、決定から入居までがスピーディーであることなどが挙げられます。

家を建てたいと思ったら!理想の家づくり。成功のコツとは?

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】
マイホーム

綿密な打合せが重要

家はほとんどの方が一生に一度となる人生の中で非常に大きな買い物です。

注文住宅には家を建てる人の希望や要望を大きく反映させることができるという魅力があります。

期間を要しても、こだわりのある家を建てたいという人におすすめの建築方法です。一般的に自由度が高い分、建売住宅に比べると費用が高い傾向にあるのですが、予算は打合せなどにより調整することが可能です。

家を建てるための建築資材はある程度自由に選ぶことができますので、設計前に担当者と納得がいくまで予算を考えることも可能です。




実際に必要な総予算の要素

資金計画

総予算は、すべてを左右するもっとも大きな要素となります。家づくりにいくらかけられるのかという基準がなければ、詳細な計画が立てられないからです。

建売住宅の場合は、幅広い購入者を想定していますので万人受けしやすいスタンダードな間取りや設計の家が多く、オリジナリティに欠ける傾向があります。

これに対して注文住宅の場合は、オーダーメイドですので間取りやデザインにこだわって理想に近い家を建てることができます。

ただし建売住宅でも、ユーザビリティに特化して建設されているものもありますので、きっと気に入る物件もあるでしょう。

またスタンダードな間取りであることは、家事動線などを十分に反映しているということでもあり、生活しやすい間取りの家が多いという特徴があります。

やっておきたい現場チェック

マイホームには「住宅性能表示制度」という制度が設けられており、自社評価の場合もあるのですがたいてい第三者の評価期間が検査するシステムとなっています。

ゆえに、安心してマイホームを購入することができるというわけです。

また注文住宅や完成前の建売住宅の場合は、建設途中の家をチェックすることもできますのでさらに安心です。建設工事中の現場へと足を運んで現場管理者にいろいろと質問することもできます。

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!

関連記事

ページ上部へ戻る