大切な資金計画

資金計画

マイホームは殆どの方にとって一生に1~2回程度の最も高い買い物です。夢で終わる人もいれば、実際に購入できる人もいます。

両者の違いはたった1つ、資金計画がちゃんとできたかどうかという点ではないでしょうか?

マイホームを購入する時に誰もが悩むのが資金繰りです。もちろん購入を目的にコツコツと頭金をたくさん貯めた人は、住宅ローンの支払いも少なくて済みます。

しかし経済がなかなか上向かい状況の中で、充分な頭金を貯めるのは困難な方も大勢るでしょう。そのような時に取るべき方法は2つあります。

1つは購入を諦めるか先延ばしにして頭金をもっと貯めるという方法、もう1つは購入物件のグレードを下げる方法です。

家を建てたいと思ったら!理想の家づくり。成功のコツとは?

家づくりの総合ポータルサイト【持ち家計画】
マイホーム

頭金の有無

頭金を貯める具体的な資金計画がない場合、マイホームを購入することはほぼ不可能になることが多いでしょう。

なぜならこういったケースの場合、実際は頭金を貯める行動が伴わずにただただ年を重ねてしまい、結局は全然貯まらずに終わることが多いからです。

こういった方の場合は、「家を買う時は目をつむって崖から飛び降りる覚悟が必要」とはよく言われますが、思いった行動をすることが必要になるかもしれません。

また少ないながらにも頭金を貯めることができた方であれば、まったくないよりも随分マシな状況です。ただ支払いに不安があるのなら、住宅ローンの支払いの負担を減らせるように購入する建物のグレードを下げるのを検討すれば良いかもしれません。

例えば、注文住宅の購入を考えていた人は建売住宅に変更するといったことになります。




建売住宅と注文住宅

提案

注文住宅が建売住宅よりも高いのは、自分の意志を設計に反映されることができるからです。要望が多ければ当然建設費用もアップしますし、こだわりを持って設計すればどんどん予算は跳ね上がっていくのです。

そのため注文住宅は総合的に費用が高くなるのです。これに対し建売住宅は総合的に費用が少なくて済みます。

ですから頭金が少ない場合は、建売住宅に絞って物件を探した方が住宅ローンの負担は少なくなります。その代わり注文住宅と違って、建売住宅は画一的でおもしろみがないという特徴があります。

以上の点は、主に費用の面から見た注文住宅と建売住宅のメリットとデメリットです。

しかし決して建売住宅はデメリットばかりではありません。明確な予算を知る事が出来るので、返済計画も事前に立てやすいというメリットがあります。

また注文住宅の場合は建ってみなければわからないという不安がありますが、建売住宅の場合はすでに建っているので実際の建物を見ることができます。

最初から土地付きで販売されているので、土地探しをする必要もなく、できている物件の中から良い土地のものを選べばいいのです。

また注文住宅に比べて、すぐに入居できるのは大きなメリットです。注文住宅は完成するまでに時間がかかります。

このようにマイホームを購入する時には色々な問題が出てきますが、業者任せにするのではなく1つずつの問題を家族で話し合って、家族にとって最も良いと判断した住宅を購入するべきです。

注文住宅で家を建てたい・・・でもどこに?

大手ハウスメーカーから地域密着型工務店まで幅広く参加する中から、一度の入力で複数業者に資料請求が可能!