記事の詳細

住宅ローンには通常のローンとリフォームローンの2つがあります。

ではこの住宅ローンとリフォームローンを併用することはできるのでしょうか?

そうです。同時に活用することができるのです。

不動産を購入するシチュエーションは新築だけではありせん。中古物件であればこの2つを併用するケースは少なくないのです。

ここでは住宅ローンとリフォームローンを同時に活用する方法を考えてみましょう。

住宅ローンとリフォームローンの両方が使えるケースって?

住宅ローンとリフォームローン

一般的な住宅ローンは、住宅を購入する時の費用に使うことができます。

一方のリフォームローンは、住宅をリフォームするための費用に利用できるものです。

つまりこの2つのローンを併用する状況を考えると、中古物件を購入するのに住宅ローンを組み、その物件をリフォームするのにリフォームローンを利用するケースが考られます。




リフォーム・リノベーション物件

最近ではあえて中古物件を購入して、リフォーム・リノベーションをおこない、新築同様のマイホームを手に入れる人も少なくありません。

この方法は中古物件のため価格をおさえて住居を確保することができるため、リフォーム費用を考慮しても新築住宅を購入するよりも費用が安くあがります。

そのうえ、自分の好みに合った内装・間取りに仕上げることができるため、人気も高まり注目を集める購入方法と言えます。

つまり中古物件をリフォームして購入する方法ですので、住宅ローンとリフォームローンを併用することになるのです。

また中古物件を購入する時には、ご自身が入居する前にリフォームを済ませておくの方があらゆる面で効率的です。

ちなみに中古物件を購入し、入居後にリフォームをするといったケースではリフォームローンが組めないということもあるようです。

理由として、中古物件を購入する時に住宅ローンを利用しているケースでは、後にリフォームローンを追加で申込と審査を受けるときに、現在支払い中である住宅ローンがあるため支払い的に余力ないとみなされることがあるためです。

必然的に返済できる額も限られてきますので、大きな額ですと余力がないと判断されがちです。

リフォームローンと住宅ローンの活用術って?

リフォームローン

まず基本的な話ですが、住宅ローンとリフォームローンを同時に使うのであれば、購入時にリフォームを行うというケースが一般的です。

しかし注意しなくてはならないこともあります。

それは同時ローンを利用したときに、支払い総額がどのくらいの借入になり、返済額はどのくらいになるのかを考慮してしかり資金計画を立てる必要があるのです。

リフォームの工事内容によっては、新築を購入する時よりもたかくなるいったケースもあるため、ローンと同時にリフォーム計画にも入念な計画を立てる必要があるのです。

必要であれば、専門家に相談するのも良いでしょう。




中古物件とローンの借入期間

1つ注意しておきたいことに、中古物件を購入する場合は住宅ローンの借入期間が短くなるケースがあることです。

住宅ローンでは購入した物件を担保に入れることになるのが一般的ですが、中古物件の場合は新築とは違って建物の耐用年数が希望する借入期間に足りない場合など返済期間を短く設定されることもあります。

つまり本人としては30年ローンを希望していたのが、審査の結果で20年ローンに短縮されるというケースもあるようです。

借入期間が短縮されれば、それだけ毎月の返済額も増えますので資金計画に狂いが生じる恐れもありますので、十分に調査しておくことが重要です。

消費税8%時代の「住宅ローン借り換え」による家計費節約術!



住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る