記事の詳細

住宅ローンは以前では固定金利を選ぶべきというのがスタンダードな考え方でした。

しかし低金利政策の影響により利息をより低く抑えることができる状況が長く続いていることもあり、変動金利を選択する人も多いようです。

ここでは変動金利におけるメリットとデメリットについて考えてみましょう。

変動金利のメリットとは?

メリット

変動金利とは簡単に説明すると、一定期間ごとによって金利がその時の状況によって左右されるというものです。

固定金利の場合は契約した時の金利が完済時まで続くのですが、変動金利では1年に2度金利の見直しのタイミングがあります。

一般的な金融機関から住宅ローンを借入している場合、4月と10月になることが多いようです。

ただし変動のタイミングが2度あるというだけで、必ずしも金利が上下するワケではないことも覚えておくと良いでしょう。

金利設定が有利

変動金利の大きなメリットとしては、固定金利よりも低めに金利設定されている点です。

住宅ローンにはいくつかタイプがありますが、変動金利は最も金利が低く設定されています。

金利が低いということは、返済時における利息の支払も少ないということになり、その分元本の返済に多くのお金を充てることができるのが大きなメリットです。

これは返済期間が短くすむというのと同義であり、総支払額についても固定金利より減らすことができるでしょう。

金利が1%違うだけでも、借入した額によっては完済時に100万円以上返済額が違ってくるケースもあるほどです。

特に金利が低い内に、なるべく多くの返済をしておくことで後々のローン支払を随分と楽にすることができるでしょう。




変動金利のデメリットってなに?

デメリット

では次に変動金利のデメリットを考えてみます。

変動金利は上でも書いたように1年に2度、金利の見直しが行われます。いくら日本が超低金利時代と言われていても、金利は下がるばかりではありません。

当然ですが、市場の動きによっては金利が上昇に進むことも十分に考えられます。金利の変動が良い方向に進んでいるうちは良いのですが、必ずしもいい状態が永遠に続くとは限らないのです。

逆に金利が上がってしまう可能性もあるのです。

その場合、返済額も大きくなってしまいますし、利息の支払そのものも見直さなくてはいけないでしょう。

もう1つ大きなデメリットとしては、金利が変動するために最終的な支払額を読みにくい点でしょう。

住宅ローンの場合、借入額と返済期間の長さがネックとなって、たった1%の金利アップでも大きく返済額に影響を与えてしまいます。

また変動金利では返済額の予想をつけにくく、今後の資産運用に影響をあたえるというリスクもデメリットとして知っておくべきです。

【住宅ローン】手間のかかる審査申し込みを一度で!

複数の金融機関に一括審査申し込みが可能。



住宅ローン

関連記事

ページ上部へ戻る