あなたが間違いなく、無理なく支払うことができるマイホーム購入の総額はいくらでしょうか?

これを明確に即答できる方はほとんどいないかもしれません。

確かに住宅購入資金は高額のため、一体どれぐらいの金額なら支払うことができるのか検討もつかないという人も少ないないでしょう。

このページでは、あなたがマイホームを購入するときの価格設定の仕方について解説していきたいと思います。




必要な住宅資金

住宅資金

マイホーム購入金額は「頭金+住宅ローン借入額」で決まります。

つまり住宅ローンで借りることができる金額を元に、頭金をいくら準備しなくてはならないかがわかります。

またマイホーム購入の事前準備として頭金を貯金をしている人は多いでしょうが、貯蓄金額全てを頭金にすることはリスクを伴います。

なぜなら将来何が起きるかは誰にも予想できないからです。つまり病気など不測の事態に備えておかなければならないのです。

こういった不測の事態に備えるための費用の目安として、家計を支える人が病気や万が一の時の備えとしては生活費の3~6ヶ月分程度、派遣社員や自営業であれば1年分程度といわれています。

ちなみにこの金額を生活予備費と呼びます。

つまり頭金は貯蓄からマイホームの購入諸費用と生活予備費、将来への貯蓄を差し引いた分が頭金となります。

貯蓄額からかなりマイナスされているのがわかると思います。







住宅ローン借り入れ額

次に住宅ローン借り入れ額について説明していきます。

一般的に、住宅ローンの年間返済額÷年収×100(返済負担率)が25%以下になれば借りても大丈夫な金額とされています。

しかしこれはあくまでも目安です。

実際に借りる時、年収の何倍までなら住宅ローンを借りられるか疑問がわきます。

金融機関によって異なりますが、仮にフラット35の場合は借り入れ可能金額の計算方法が公表されていて、それによると税込み年収400万未満の場合は返済負担率30%以下、400万円以上の場合は返済負担率35%以下とされています。

これを元に計算すると年収の7.8倍から9倍まで借り入れすることが可能となります。

とはいってもあくまで計算上のことのため、実際の支払いができるのかどうか心配になるのは当然のことです。

では実際に他の人は年収の何倍ぐらいの住宅ローンをかりているのでしょうか?

年収400万円台の人だと平均2750万円、年収500万円台の人で平均3026万円、年収600万円台の人で平均3159円の住宅ローンを借り入れているというデータがあります。

これでいくと税込み年収の平均6.1倍から4.86倍の借り入れをしている事がわかります。

大切なライフプラン

ある程度の借り入れの目安と借り入れ可能な金額は予想がつくようになりました。

しかし最も重要なのは、実際のマイホーム購入金額はこれからのライフプランの中で一番費用がかかる時期を想定して考える必要があるのです。

例えばお子さんが二人いる場合、大学受験と高校受験がかさなり毎月の塾代がかさみ、春には入学金・授業料の準備が必要な場合かなりの出費が予想されます。

いくら大変だと嘆いても、住宅ローンの毎月の支払いは待ってはくれません。

つまりこうした出費を予測した金額で住宅購入に関わる金額を設定しなくてはならないのです。

またマンションの場合は、住宅ローンと合わせて管理費・修繕管理費や駐車場台なども支払うことなります。それに加えて固定資産税なども毎年必要になります。

購入時は余裕で毎月のローン返済が可能でも、子供の成長など家族の取り巻く環境にに合わせて必要な費用も随分異なってくるのです。

マイホーム購入時期に5年後・10年後・15年後・さらに先までを想定して、どくらいの金額が必要となるのかライフプランを書き出して返せる額を計算し、住宅購入費用を算出する必要があるのです。