張替えの依頼

ふすまの張替えは業者に依頼することも可能です。
最近でこそ自分で行うという人も増えましたが、ふすまの張替えといってもかなりの労力が必要となります。
また、部屋全体に調和してきれいに仕上げるには専門的な技術が必要になる部分も少なからずありますので、お金は多少かかっても仕上がりがきれい方が良いという人は業者に依頼をすべきでしょう。

業者を探す

では、ふすまの張替えを業者に依頼するにはどうすれば良いのかというと、まずは専門の業者を見つけてください。
近年では日本の住宅もフローリングであるケースが多く、ふすまが取り付けられている和室そのものが減ってきています。そのため専門の業者としても地域に密着した形ではなく、日本全国に対応するようになってきていますので、そうした業者を利用すると便利です。
家の近所にふすまの張替えをしてくれる業者がないという人でも安心して利用できるでしょう。

依頼の流れ

業者に張替えを依頼する流れを確認しておきましょう。
まずは問い合わせから行っていくのですが、最近では無料の専用ダイヤルを用意している業者も多く、24時間365日対応しているところも少なくありません。
問い合わせをすると、業者から連絡がくるのですが、この時に現地調査と見積もりの予定を聞かれるのが一般的です。
ふすまの張替えの場合、どうしても現場を見てみないとわからないことも多くあるので、必ず見積もりは現地調査してからになります。どうしても予定が合わない場合ですと、写真でも見積もりをしてくれるケースがあるようですが、その点は業者と相談してみてください。基本的に見積もりをすることで、追加費用の発生などを防ぐ意味合いが込められていますので、できればきちんと見てもらった方が良いでしょう。
見積もりの段階でも無料で行ってくれるケースがほとんどです。勿論ここでやっぱり断るという決断をしたとしても、料金が発生することはありません。
この点は業者によって扱いが異なるかもしれませんが、多くの場合は無料で行ってくれるようです。

見積もりから検討

見積もりが終われば検討してみてください。
依頼をするという形になると、作業する日程を確定し、そこから作業が始まります。実際に張替えるふすまの量にもよるのですが、基本的には1日で作業は終わるはずです。
最終的に作業の確認を行って、代金を支払うという流れになっています。

ポイント

勿論一社のみで判断する必要はありませんので、同じような業者に声をかけて複数の見積もりを出してもらっても良いでしょう。
相見積もりをとることで値下げ交渉をするのは基本的な手段です。