記事の詳細

トイレは毎日お手入れを

トイレというのはきちんと手入れをしなくては、後々大変な手間をかけることになる場所です。
もともと汚れがつきやすい場所でもあるので、長くきれいに使っていくには正しい手入れ方法を理解しておく必要があります。

トイレの手入れ方法

トイレを長くきれいに使うためには、毎日掃除をすることが一番です。仕事が忙しい人ですと、休みの日にしか掃除をしないという人も少なくありません。この場合、どうしてもトイレに汚れが残ってしまい、次第に取れにくくなっていくのです。
そこで手間がかかることではありますが、毎日小まめに掃除をするというのが大切になってきます。

トイレの正しいお手入れ方法

では、仕事が忙しい人でもできる正しい手入れ方法をいくつか紹介してきましょう。基本的にトイレの手入れと言っても便器だけではなく、トイレ全体の掃除を行うように心がけてください。
便器の掃除方法としては、ともかく汚れがついている部分をきれいにしていくと良いでしょう。特に便座の裏側や便器のふちといった部分は汚れがたまりやすい割には、見逃してしまいがちな部分なので気をつけておきましょう。
最近では掃除をした後はそのまま便器に流してしまえるクリーナーなどもあるので、トイレをした時にちょっと拭き掃除をしておく習慣をつけると良いですね。
また、男性がいる家庭ではトイレでも立ったまま用を足す人は少なくありません。
この場合、床や壁に尿飛びを起こしていることが多いので、ざっとで良いので拭き掃除をしておくと良いでしょう。中性洗剤を薄めて雑巾で拭くだけでも良いので、時間はあまりかかりません。
トイレの床についても便器を掃除するのと同じ要領で行ってください。汚れが飛び散りやすい箇所だけに放置しておくとカビや黒ずみを起こしてしまう可能性が高いからです。

トイレタンクの掃除方法

時間をかけてトイレの手入れができるといった時には、トイレタンクの掃除を行っておくのもお勧めです。
あまりトイレタンクの掃除と言ってもピンとこない人も多いかもしれませんが、実は定期的に掃除をしていないと黄ばみや黒ずみを起こしてしまいます。これは便器にも同じことが言えるのですが、なかなかトイレタンクの中までは気が回らないという人も多いでしょう。
手入れをする方法としては、トイレタンクに入る水を止めてから、蓋を外し、蓋の裏側を洗剤できれいにしてください。
次にトイレタンクの水を完全に抜いてしまってから、中をブラッシングしていきます。水を流れるように戻してから、きれいにタンク内をすすぎましょう。
そうそう汚れがつくものではありませんが、1年に1度くらいの頻度で手入れすることをお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る