自分でDIY、障子の張替え

障子のある家というのも少なくなってきましたが、それでも張替えをするのには一定の需要があると言っても過言ではありません。
最近ではDIYブームということもあってか、障子の張替えも業者を通すのではなく、自分で行うという人が多いようです。ここでは自分で障子の張替えをする時の手順などを書いていきましょう。

障子の張替えで必要な道具

まず障子の張替えをする時に必要な道具から考えていきましょう。
余分な紙を切るためのカッターナイフ、カッターナイフを使う時のガイド、もしくは定規を用意してください。
定規を利用するのなら最低でも30センチ以上のものが必要です。
紙を仮止めするためのセロハンテープ、水溶きのりを使う時の刷毛を用意しておくと良いでしょう。

障子の張替え前の手順

では、具体的に障子の張替えを行う時の手順を書いていきます。
最初に張替えをする障子を窓枠から外して、軽くホコリを払っておいてください。その後、裏になる部分からハケかスプレーを使って障子の桟全体に水を含ませていきます。
水をたっぷりと含ませたまま、3分ほど放置すると障子紙が剥がれやすくなるからです。
障子紙を剥がす時には下の方からゆっくりと剥がしていくのがポイントになります。なかなか剥がれない場合には、障子紙を剥がすための剥がし剤を利用しても良いでしょう。
きれいに紙を剥がし終わったら、次に障子の桟を水拭きしてきれいにしていきます。のりが残っていたりすると、新しい紙を上手く貼ることができませんので、丁寧に行ってください。まれに固まったのりが残っている場合がありますが、その時は割り箸などを使うときれいに落とすことができるでしょう。
ちなみにきれいに拭き終わった後には陰干しをして、しっかりと乾かしてください。桟が濡れたまま次の工程に入ってしまうと、障子紙にシミができてしまうからです。

障子を貼る手順

ここから本格的に障子紙を貼る作業に入っていきます。
まずはのりが下にたれても大丈夫なように障子の桟の下に新聞紙などを敷いておくことをお勧めします。のりをつけていく前に、障子紙を桟にあわせてセロハンテープで仮止めしてください。
この時に一方の縁にあわせておき、真っ直ぐピンとなるようにするのがポイントです。
一方の端のみを仮止めしておくことで、次の工程に入りやすくなります。障子紙を一旦巻き戻しておき、桟にのりをつけていきましょう。のりをつけていく時のポイントは、つけ忘れがないようにすることと、刷毛でムラができないように均一にしていくことです。最後に障子紙を転がすようにして一気に張っていきます。
しわにならないように張り、桟からはみ出た余分な紙を切り取ってください。のりが乾くと完成です。