騒音問題

実際に住んでみて困った話としては、音の悩みというものがあります。
音の悩みというとどうしてもマンションなどの集合住宅をイメージしがちですが、戸建て住宅でも騒音に悩まされるケースがあるのです。
このページでは防音対策についてしっかりと考えていきましょう。

防音対策にはどんなものがあるの?

住宅を建てる時には最初からある程度は防音対策はとられています。しかし想定よりも防音対策が甘かったということもあるので、そうした時にはさらなる手段を講じる必要があるでしょう。
最もシンプルなものとしては、防音対策グッズを利用するというものです。最近では防音グッズも多く販売されており、気軽に購入できるようになっています。
代表的なものとしては、防音機能を持ったカーテンがあります。カーテンですと、購入さえすればすぐにでも使うことができますし、そして予想以上に高い効果を発揮してくれるそうです。
他にも遮音シートであったり、防音カーペットやコルクマットなどを利用することで、防音性を高めることができます。
それでも防音対策が足りないというのなら、防音壁を導入するのも良いでしょう。
本格的なものとなってくると、リフォームをする必要もでてきますが、ちょっとしたものなら自分でも対策することができます。
また近年では自宅に設置できる防音ルームのようなものもあるので、自分の予算にあわせて調べてみると良いかもしれません。

自分では対処できない時にはどうする?

防音対策にも自分でできることには限度があります。また防音対策をさらに補強すると言っても、どの程度のレベルを求めるかで方法は異なるでしょう。
防音グッズなどを使ってみても、どうしても我慢できないというのならリフォームも視野に入れておくべきです。
ただしリフォームをしたからと言っても、確実に防音ができるのかというとそうではありません。そもそも住宅の建築方法によって防音対策の効果がでやすい、でにくいということもあるのです。

一般的に木造建築の住宅は防音性が低く、鉄骨造や軽量鉄骨の住宅は防音性が高いといわれています。
これらのことを踏まえてどうしても音に我慢できない場合は、最悪のケースではリフォームではおいつかず、住宅そのものを手放して別の場所に住むか、立て直すといった選択ないってしまいかねません。
折角のマイホームを手放すよりも、騒音の原因になっているものを根本から解決するしかありません。

ちなみに野外から騒音に悩まされているというケースでは、窓のところにつける防振ゴムを使ったり、防音カーテンを併用することで、かなり改善できるそうです。