障子を業者に依頼する

壁紙の張替えにはプロに依頼する方法もあるのですが、あまりメジャーではありません。
何故なら壁紙の張替えというのは自分でも行えるもので、特に最近ではDIYが流行っているからか、自分で行うための専用キットなども販売されていて、敷居が下がっているのが大きな理由です。
しかし、仕上がりがきれいにできるかどうかは別の話でしょう。
いくらDIYをしているからといっても、プロと同様にできるとは限りません。
また、トイレなどの狭い部分の張替えや、天井部分の張替えなどは技術が必要とされる場所だけにどうしてもプロの仕事には劣ってしまいがちです。
そこで壁紙の張替えを業者に依頼するにはどうすれば良いのかについて考えてみます。

障子の張替え業者について

まず基本的な話ですが、壁紙の張替えというのはどの業者に依頼をするのかといったところから話をしていきましょう。
一般的にはハウスメーカーでいいのではと考える人が多いかもしれません。
しかし、ハウスメーカーの壁紙張替え工事の価格を見てみると、驚くほど高いことがわかります。しかも掲載されているのは工事費用のみであり、別途壁紙の費用がかかってくるのですから、かなりの出費になってしまうでしょう。
では、地元の工務店ならどうだという話なのですが、基本的に工務店というのは家を建てる仕事をしていますので、壁紙の張替えについては仕事を請け負ったとしても下請けの業者に回してしまいます。
これはハウスメーカーに依頼をしても同じことだと考えてください。
つまり、ハウスメーカーや工務店に壁紙の張替えを依頼すると、その分の中間マージンがかかってしまうので、どうしても工事費用が高くなってしまうのです。

障子の張り替え専門業者

では、どうすれば良いのかと言うと、最初から張替えを専門にしている業者に依頼をすれば良いのです。
直接専門の業者に依頼をすることで中間マージンという無駄なお金を支払わなくてもすむので、非常に安価に依頼をすることができます。実際の価格で比較をしてみると、先ほどあげたハウスメーカーの工事費用の半額程度で行うことができるようです。しかも、壁紙そのものの価格も含んでの値段ということが多いので、かなりお得だと言って良いでしょう。
また、専門の業者だけあってアフターサービスにも力を入れており、何かしらのトラブルがあった時には保証を受けることも可能です。

ポイント

自分で張替えを行ったとしても、一般的な工事費用の3分の1程度はかかってしまうものですので、そこに費やす労力などを考えると専門の業者に依頼するのも悪い方法ではありません。
コストパフォマンスといった面だけではなく、張替え後の仕上がりなどにも期待できるので、決して高い価格ではないでしょう。