2世帯住宅のメリット

2世帯住宅を考えている方には、少なくとも2つのパターンが考えれます。
一つ目は父母との同居を考えている方です。このパターンの場合は現在または近い将来に2世帯住宅が必要がになる予想されます。
一般的に2世帯住宅をマイホーム設計に取り入れている方はこのパターンが一番多いかもしれません。
そして、二つ目はご自身の子どもとの同居を想定するマイホーム設計をする場合です。この場合は少し先の未来を想定した建設が必要となります。
ではどうして、2世帯住宅選択するのでしょうか?
家族構成、予算、ライフプランなどさまざま異なる条件化でおいても、2世帯住宅を選択するにはいくつかのメリットがあると考えられるからではないでしょうか?
当然2世帯で住むわけですから、住宅を建てる際にはさまざまな話し合い、折り合いがつきづらい話し合いなど、乗り越えなくてはならない大変なことが多数あるでしょう。
しかし2世帯で共同購入・共同出資する場合は、費用の面では大きな金銭的なメリットがあります。
またお子さんがいる家庭では、「住宅取得等資金の贈与税の非課税」制度を使う事で、相続時の節税を行いながら家を建設できるといったメリットもあります。
それでは2世帯住宅を設計する上で、気をつけたいポイントを見てみましょう。

ポイント

2世帯住宅のマイホームを考えるならば、注文住宅によるマイホーム設計が理想的といえるかもしれません。2世帯以上が混在するマイホームでの生活をより快適にするには、しっかりと納得のいくマイホーム設計が必要となります。住んでみて、後からプライバシーの面で不満が出てしまったり、不自由を感じてしまったりというケースもあり得ます。そういったことを排除するために、しっかりと前もってマイホーム設計を十分に練っておくことが必要不可欠でしょう。なにせ、2世帯となると生活のリズムも違い、生活様式も異なります。マイホームに求めることの優先順位なども違いがありえます。
また高齢者がいる家庭の場合はバリアフリーを取り入れた設計が必要となりますし、介護までを視野にいれたプランも考えておけば将来の不安は軽減されるでしょう。

将来のライフスタイル

2世帯以上が混在するマイホームですからおのおのの価値観や、生活リズム、生活様式は一様になることはないでしょう。また子どもが成長したときには個室が必要になる、祖父母の住スペースは1階がベースになるなどといったことを考えるとマイホーム設計をしっかりとして建てることが大事なのです。各々の家族によって生活のスタイルは異なることはごく自然なことなのでしっかりとマイホーム設計では納得がいくまで考えて行いましょう。

2世帯住宅では間取り設計はとても重要となります。間取りによって生活のしやすさなどが決まってくることが多いので間取りはしっかりと納得のいくものにしましょう。
ただし予算もありますので、すべての理想を取り入れる事はなかなか難しいでしょう。
また家族全員の部屋を確保した場合、こどもが大学などで家を出る、祖父母が他界されるなどいったことまで想定して間取りを考えないと、使わない部屋だらけになってしまいます。
つまり2世帯住宅の設計は5年先、10年先、更にもっと先までのライフスタイルを考慮して設計を行う必要があるのです。
すべてを兼ね備えた設計は困難ではありますが、しっかり納得できるプランにそった2世帯住宅が完成したときには、苦労に見合ったメリットを得る事ができるしょう。