記事の詳細

資産価値の重要性

マイホームを購入する際に忘れてしまいがちになることがあります。それは資産価値を考えてマイホーム選びをすることです。
もちろん第一に考えなくてはならないものは、数十年にわたり自分たちが住む家を購入するわけですから、家に住む家族の理想が詰まった家を一番に考えなくてはなりません。
そして今後の人生を楽しく生活するために、予算を考え、ローンの返済計画をしっかりたててマイホームを購入をすることが大切です。
これらの次に考えておきたいのが、資産価値ではないでしょうか?この資産価値をあまり考えずに家を購入してしまうと、実は大きな損失につながる可能性があるのです。

ポイント

資産価値を無視したマイホームの購入はお勧めできません。
それは何年、何十年か先に家の売却をするときに売却額に大きな差を生じることになるからです。
資産価値を維持できる物件であれば、資産としてお子さんに残すことも可能ですし、家の買い替えをする時の資金にあてることも十分可能となるのです。

将来を考える

購入時はその時の経済状況などをメインに、自分達の予算に合った満足のいく物件を購入できたとします。その時の条件にぴったりと当てはまり、家族全員が楽しんで生活する事が出来れば、それはとても素晴らしいことです。
数年後、数十年後の生活、購入した家がどうなるかを完璧に予測する事はできません。しかし転勤、両親と同居、周辺環境などの変化は想定できないことではありません。
こういった想定できる範囲のものだけでも、マイホーム購入計画に取り入れてみることが大事なのです。
例えば転勤、両親と同居などで引越しが必要となる場合、この家を売却または賃貸で運用する選択肢が考えられます。
駅から近い物件であれば、売却・賃貸のどちらにも有利ですし、土地の形がいい、土地の条件(建ぺい率・容積率など)の条件がいい場合は売却に有利なります。
つまり売却・賃貸を想定して場合に、少しでも有利にある条件を考えることが資産価値につながるのです。
また震災等も多くその被害によっては、その土地の評価が下がってしまう事もあります。こういった事を考えると、やはり購入時に、この資産価値というものを念頭に置き、少しでも価値があると判断されるような物件を購入する事で、将来により多くの資産価値がある家を残すことにつながるのです。

戸建てとマンションの資産価値の違い

資産価値を考えると、一戸建ての方が良いのか、マンションの方が良いのかと悩まれる方が少なくありません。実際にはどちらが良いという事は断言出来ません。
マンションであれば、管理会社や管理組合がしっかりとメンテナンスが行い、建物をよい状態で維持している場合などは、資産価値が見込める物件と言えるでしょう。さらに近年では、駅近を売りにしたタワーマンションも多く建てられるようになりました。そのため、駅から家まで時間がかからないという点も多くの方が望まれている条件なので、価値は下がりにくいと言えます。

一戸建ての場合はどうでしょうか?戸建の場合は建物の築年数が経てば経つ程、価値は次第に下がっていきます。しかし、土地の価値は残るため、広い土地や駅から近い土地、人気の地区内の土地などの土地は評価は下がりにくいと言えます。さらに高速道路、線路などの誘致、大型店舗の進出などでその街全体が大きく開発されれば、その土地の価値が上がるという事も考えられます。

ポイント

将来の資産価値はあくまで今後を予測したもので、完璧には見えない価値です。そのため、資産価値にとらわれ過ぎる事は良くありません。
やはり家族全員が良いと感じて、明るく生活出来る家が前提となるのです。
しかし現在の状況で、購入計画がある物件については可能な範囲で資産価値を高めるものは何かを考えること忘れずに実行しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る