記事の詳細

家族構成でかわる浴室の選び方

「自分をこだわりを中心に浴室を選ぶのか?それとも子どもや高齢者に配慮してバスルームを選ぶのか?」こういった悩みはバスルーム(浴室)の設計にはつきものです。ここではこういった悩みを持つ方が実際にどういう基準でバスルーム(浴室)を選んだかの体験談をご紹介します。

システムバス選びでこだわったポイント

システムバスにリフォームした理由は、高齢の義母の入浴が少しでもラクになるようにというのが一番だったので、まずは安全性にこだわりました。洗面所と浴室の高低差をなくし、手すりをつける位置、高さにもこだわりました。そして床と浴槽の最適な高低差にもこだわりました。これだけで、ずいぶん安心して入浴してもらえるようになりました。

その他のポイントは、節水、節電できるかどうか。まず浴槽の形状を、足が置けるような段差のついたタイプにすることで、その分がかなり節水になります。また、シャワーヘッドももちろん節水タイプ。照明は、LED。そして天井が無駄に高くならないようにしてもらいました。

手入れのしやすさ

浴室の掃除係は基本的に私なので、手入れのしやすさも大きなポイントでした。浴槽は、汚れのつきにくい抗菌加工タイプ。天井を低めにしてもらったおかげで、天井の通気口などの手入れもしやすくなりました。そして壁は目地がほとんどないタイプにしたので、目地のカビや水アカに悩まされることが減りました。

また、素材も撥水力が高く、水アカやカビのつきにくい素材にしました。また、不要な棚をつけないことで、細かくて掃除がしにくくなってしまうという箇所を極力減らしました。おかげさまで、毎日のお風呂掃除が、とてもラクになりました。

子供や高齢者も安心できるシステムバス

家族が安心して利用できるシステムバスにしたいと思い、家をリフォームする際には念入りに打ち合わせすることにしました。子供は背が小さいのでシステムバスは入る時に段差があった方が子供や高齢者は入りやすいとも聞きましたし、高齢者はお風呂へ入るのも一苦労するのでバリアフリーの対策なども考慮してもらいました。

お風呂場から上がった後、脱衣所が寒いと気温差により体調を崩すきっかけにもなりますし、特に高齢者は冬場は体調不良になるケースも多いので条件を何点かあげて調整してもらうことにしました。

安全性を重視

システムバスは入りやすさや安全性など全てにおいて考慮してもらい、洗い場と浴槽への移動がスムーズにできるように浴槽の中には段差をつけてもらい入りやすいようにしてもらいました。子供は特にお風呂場で溺れることもあるので、段差をつけることで高さ加減も調整できますし入りやすいです。機能性も充実しているので滑りにくいような素材を選びお風呂場は安全に過ごせるように設計してもらいました。

リフォームの際には、システムバスの色もクリーム色にしてお風呂場で読書もしやすいようにラジオをつけてもらうことにしたのでユックリ入浴を楽しむことができます。

関連記事

ページ上部へ戻る