お手入れ楽ちん、おしゃれなトクラスバスルーム

トクラスのシステムバスを選びました。いつもきれいにしていたいので、毎日すみずみまで掃除しています。もちろんバスルームも。だからバスルーム選びでこだわったのは「お手入れが楽であること。カビが発生しにくいこと。長く使えること」です。トクラスのバスタブ素材は人造大理石で、汚れがつきにくく落としやすい設計で、掃除がしやすいです。そして見た目が美しく見えます。

また、バスルームは一日の疲れを癒してくれる大切な空間ですので、デザイン性も重視しました。トクラスのバスルームはおしゃれです。全体が丸く流れるようなラインで角張ったものがないので、リラックスできる空間に描かれています。「人間工学を基に、使いやすさとリラクゼーションを追求した体も心もやすらぐバスルーム」だそうです。余計なものがないフォルムなので、掃除も楽にできます。

さらに、音楽が流れる機能が標準搭載というのもおしゃれです。さすがヤマハだけあって、音質がよいです。これは、「正直いらない。テレビなら観るけど、お風呂で音楽聞かないし」と思っていたのですが、実際音楽を聴いてみるとハマってしまいました。湯船に浸かりながら好きな音楽をかけると、音が響きわたり、とてもリラックスできるのです。私はiPhoneに繋げて聴いています。

唯一、「悪かったこと」はヘアキャッチャーです。らせん状になった捕集ポケットに髪の毛がくるくるにまとまって溜まり、ぽいっと捨てられる設計らしいのですが、一向にまとまらないところです。掃除しやすくリラックスできますので、快適に使用しています。