「寝室・ベッドルーム」の記事一覧

寝室(ベッドルーム)のこだわり

寝室

寝室は、1日の終わりを過ごす大切な場所になります。また一日のはじまりの場所にもなります。

つまり寝室はしっかりと休息がとれるリラックスできる空間であることが望ましいわけです。

ではこの「休息」というキーワードに注目して、寝室をリラックスできる落ち着いた空間にするにはどうすれば良いか考えていきましょう。

例えば寝室をカラフルな部屋にしてしまうと気分も高ぶって、ゆっりくと眠ることができなくなってしまうかもしれません。

そこで寝室に用いるカラーは、暗めのカラーで統一するか、暗くなるのがいやなのであればホワイトなどで清潔感のある空間を演出していきましょう。

もちろんリラックスできる空間は人それぞれ異なりますので、自分が一番落ち着けるような空間を作っていくことが大切です。




収納やインテリアは?

寝室の収納スペースは充実しておいたほうがいいでしょう。

なぜなら寝室は寝てから目覚めるまでの一番長い時間を過ごす場所だからです。

また着替える場所として寝室を活用する方や貴重品などを寝室に保管する方は、「寝るスペース」を侵食しない収納スペースをしっかりと確保することが重要です。

寝室にタンスを置く人やドレッサーを置く方は注意が必要です。

寝室に十分なスペースを確保できるのあればインテリアをいろいろと置くことができますが、十分な広さが確保できないのであればインテリアで寝室が埋まってしまい窮屈な印象の空間になってしまいます。

そのため十分なスペースがない寝室の収納に関してはインテリア重視ではなく、備え付けの収納スペースを活用することがおすすめです。

床材や窓の位置、照明など設計のポイント

ベッドルーム

寝る場所だからこそ細かなところまでこだわっておきたい寝室ですが、床材に関してはどうでしょうか。

一般的にフローリングを思い浮かべる人も多いでしょうが、寝室はフローリングではないほうがいいでしょう。

なぜならフローリングの場合はやはり音が響いてしまうからです。静かな空間を維持したい寝室では、カーペットか畳が望ましいでしょう。

また窓の位置に関しては高めに設計する方が多い傾向にあります。

どのように光を取り入れていくかは、ベッドを設置する場所によって考えていきたいところです。

そして照明は、寝室だからこそこだわっておきたいポイントです。

寝室の照明は、基本的に光が柔らかくなるようなものを選ぶと良いでしょう。光が直接的に来るものではなく、やんわりと照らしてくれるようなものが望ましいでしょう。

快眠を求めるのであれば、やはり照明はマイルドなものがいいのです。

いまいちイメージが湧かないという人は、一般的なホテルなどの照明をイメージするとわかりやすいかもしれません。

独自の厳しい審査をクリアした全国800社のリフォーム会社が見積もりや施工を実施。

万が一工事ミスがあっても、「安心リフォーム保証制度」に加入しているため、再工事費の負担なし。

加盟店の費用がオープンになっているお得なリフォームプランが公開。


リフォーム見積り

風水でチェック。「寝室」

寝室・ベッドルーム

寝室に風水を取り入れるときのポイント 寝室は一日の疲れを癒し、明日への活力を生み出す場所であり、どなたにとっても大切な場所です。 もちろん風水でも人の活力を生み出す場所として重要で、あるポイントを押さえておくことで、寝室・・・

ページの先頭へ