記事の詳細

2階建てと3階建てを建てる土地を考える

土地の大きさや形状、そして予算などによっても異なるのですが、都市部では3階建て、都市部から離れるごとに2階建ての住宅が多い傾向があります。
やはり、都市部では、交通などの利便性が良いために、土地の坪単価が高くなるため狭い土地に家を建てて、部屋数を確保するためには、どうしても2階建て住宅より、3階建て住宅を選択するというわけです。
さらに、都市部に3階建て住宅が多い理由として、駅付近は商業系の地域が多いので、比較的建物を建てる際の高さ制限が厳しくないというのも理由のひとつとして挙げられます。
「第一種または第二種低層住居専用地域」では住宅に対する規制が厳しいため、3階建住宅を建てることができない場合があるのです。

ポイント

土地選びでは3階建て住宅は「第一種または第二種低層住居専用地域」では規制が厳しく建てられないことがあります。
高度地区の指定や各自治体の条例により高さ制限がされていて、3階建てが建てられないことがあります。
3階建てを建てる土地の前面道路が狭い場合は制限がかかり、建てられないことがあります。
このような建物の高さ規制にかからない土地探しが必要となります。

3階建て住宅のメリット

3階建て住宅のメリットは、前述しましたように、比較的狭い土地でも、床面積や部屋数を確保することができるということです。
駅周辺の交通アクセスや生活の利便性のよい地域に住みたい場合、地価が高いために広い土地を購入することは困難です。そこで3階建てを建てることで、狭い土地でも十分な生活スペースを確保できるマイホームを所有することが可能になるのです。

また利便性のよさを求めすぎるとこの限りではありませんが、購入する土地が少ない分、土地にかかる費用を抑えることが可能です。そして、比較的日当たりを確保しやすい点と、風通しがいいとというメリットもあります。

ポイント

土地の購入費用を抑えることができるため、利便性の良い地域に住む選択も可能になります。
駅周辺の場合などは、資産価値が下がりづらいと言える場合が多いです。

2階建て住宅のメリット

一方、2階建て住宅のメリットは、3階建てと比較すると、建築費が抑えられるということです。また、老後のことを考えると階段の上り下りの心配が、3階建てよりは少なくて済むということも、メリットとして挙げられます。
さらに、洗濯機からベランダまでの家事動線が楽だという点も挙げられます。固定資産税が安いという点もメリットであり、3階建ての場合には、建築費のほかに固定資産税も高くなります。

2階建て住宅と3階建ての比較

2階建てと3階建てを比較すると、それぞれにメリット・デメリットはあるのですが、どちらが良い悪いというものではなく、どちらが自分たちの生活のスタイルに合っているのかということが、もっとも大切なポイントとなります。
家を建てる場所が、いわゆる閑静な住宅地の場合には、建築物の高さに関する規制のある「低層地域」に指定されている場合が多いのが現状です。

土地を探してから家を建てる方で、3階建て住宅を希望される場合には、「商業地域」や「近隣商業地域」に指定されている地域であればまず大丈夫です。建築物の高さに関する規制がゆるいからです。
駅の近くや大きなバイパスの近くなど、利便性が良いところが、たいていそれらの地域となっています。
、駅近くで利便性に優れた3階建てを建てるか、駅から離れたところに、開放的な2階建てを建てるか、やはりそれぞれの家庭のライフスタイルによるところが大きくなります。

また老後、子どもが成人して家をでた後なども想定する必要があります。
例えば家族の年齢も若く、日常生活の中心が仕事と学校である期間は、通勤と通学のことを考えて、駅近くの利便性の良い土地に3階建てを住むのもいいかもしれません。さらに、資産価値の面でも、土地価格の下落リスクも少ないため、住み替えのときに高く売却することも可能となりえるのです。
退職を向かえ、こどもも家から巣立ち、毎日の通勤から開放されたときに、売却した資金をもとに郊外の2階建ての住宅へ住み替えるのも面白いマイホーム計画かもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る