記事の詳細

玄関の印象

玄関と言えば家の顔です。来客があった場合の第一印象は玄関で決まってしまうかもしれません。
ちらかっているような玄関は来客者の印象はよくありませんので、しっかりと整理整頓して収納したいものです。
しかし玄関は靴だけではなく意外と置くモノが多い場所でもあるので、なかなか上手く収納するのが難しいという人も少なくありません。
そこで玄関をきれいに収納するために最適な方法を考えてみます。

ポイント

まず玄関の収納を考えると、基本的には余計なモノを置かないようにするのが最も良いと言えます。
特に傘などは急な雨の時にコンビニなどでビニール傘を買ってしまって、ついつい増えてしまいがちです。
傘立てがあったとしても入りきらないくらいに増えてしまうと、どうしても収納場所に困ってしまいますので、基本的には必要な本数以外は置かないようにするとよいでしょう。
しっかりと余計なモノは処分する、というのも玄関をきれいにするためには必要です。

収納スペース

では玄関の収納に話を戻してみると、基本的には靴箱や棚などを設置して対応することが普通です。
しかし玄関のスペースにしても家によってマチマチなので、まずはブーツや長靴などの大きなものを収納することから考えるのがポイントとなります。
靴箱に入ればベストなのですが、入らない場合はちょっと工夫を凝らしてみると良いでしょう。
収納スペースが少ない家でもデッドスペースの部分に木箱を置いて、収納するだけで随分とすっきりとしてくるはずです。
また、狭くて木箱などを置くスペースもないという玄関の場合は壁にかけるタイプのシューズラックなどを用意するのも1つの選択肢でしょう。
靴箱に収納するだけがポイントではありませんので、色々なスペースを活用することを覚えてくようにしてください。
かごを使ってスリッパなどを収納するというのも1つの手段ですし、コーナーラックなどを活用して、靴を収納するのもお勧めです。
一箇所にまとめてしまうのではなく、分散させて収納していくことで、少ないスペースでも意外と多くのモノをきれいにしまうことができるでしょう。

上がり框の高さを利用

間取りの段階から玄関の収納を効率的にしていく方法があります。
例えばですが、上がり框の下の部分を収納にするというのも良く見られる方法だと言って良いでしょう。
最近ではマンションでも玄関のところに納戸を用意しているといったタイプも増えており、使ってみると意外と便利なことがわかります。
リフォームをするにしても玄関の空きスペースを上手に使うことで、しっかりと収納できる場所を確保しつつも、すっきりと見せることができるはずです。
自分だけではイメージがわかない場合は、書籍などを参考にしてみるのも1つの方法です。

関連記事

ページ上部へ戻る