家の顔

玄関という空間は、その家の第一印象を印象付ける代表する空間になります。玄関の床材1つとっても、センスがあるかを問われます。
では玄関にはどのような素材が最適なのかを解説していきましょう。
デザイン面だけで選んでしまうと、後々になって悔やんでしまうことが多いため、デザイン性にしっかりと実用面を考慮して選択していくことがポイントです。
特に玄関の場合は土足で出入りするためゴミがでやすいので、掃除のしやすさや滑りにくさといったモノを考慮しておくと良いでしょう。

三和土

玄関でも土足で使用する部分のことを三和土といいます。この部分は一昔前までは土やコンクリートなどで仕上げてあることが多かったようです。
しかし近年ではデザイン性も考慮されており、タイルや石などをはっていることが普通の仕様になりました。
また一軒家の場合は、玄関ポーチから続いている空間として、統一性を出すために同じような素材が使われることも少なくありません。
使われる素材には複数のものがありますので、代表的なものの特長を紹介しておきます。

ポイント

最も多く使われているのがタイルです。タイルと言うと、トイレなどの床材をイメージする人も多いかもしれませんが、実はちょっと違います。
柄や色、大きさなどの面でとてもバリエーションが豊富なのが特長であり、どんなデザインの住宅でも取り入れることができる柔軟性を持っているのです。
シンプルですっきりとしたデザインにしたいのなら陶器製タイプのタイルがありますし、和風ぽくしたいのなら石のような風合いを持つタイルが良いでしょう。
また、木製でナチュラルな住宅なら素焼き風のテラコッタタイプ、といったように様々に選ぶことができるので、リフォームをするにしても非常にお勧めできます。

一般的に玄関の床材としてタイルを利用する場合ですと、10センチ~15センチ程度の大きさのものを選ぶことが多いようです。
また、タイルの大きさを複数組み合わせるなどすると、デザインにも個性が出せるでしょう。
実用面としても、汚れがつきにくくなる工夫がされたタイルなどもあるのですが、表面がツルッとしているタイプは雨などで濡れてしまうと、滑りやすくなるので注意が必要です。
小さなお子さんや高齢者の人がいる家庭ですと、滑り止め加工のなされたタイルを選択すると良いかもしれません。

コンクリート製

もう1つ代表的なのがコンクリート製のものです。コンクリートと聞くと、デザイン性に不安を覚える方も多いでしょう。
実際に使われてる製品は一見するとコンクリートとはわかりにくい表面しあげをしたものや、炭などをまぜんこんで色をつけたものもあり、デザイン性という面でも利用しやすくなっていると言えます。
比較的に滑りにくい素材ではあるのですが、汚れがつきやすいといった特長もあります。
コンクリート製の床材を利用する場合は、掃除をこまめに行うようにしてください。

ポイント

デザイン性に優れたタイルに、滑り止め加工をすれば見た目と安全性を兼ね備えたものになります。
またいくら床がきれいでも、ゴミが散乱しているようでは意味がありません。
まめな掃除が床材の魅力を引き立てていることを認識しておくことが重要です。