記事の詳細

まずは確かな購入計画

注文住宅、建売戸建、新築マンション、中古マンション・・・
個人差はあるにしてもマイホームを購入することは人生において大きな決断と勇気が必要となります。
たいていの人はそうやすやすと手が出せるものではなく、一大決心をして買うものなのでけっして後悔はしたくはないというのが心情であり、現実ではないでしょうか。
やはりマイホームを建てる時にはしっかりとしたマイホーム設計が必須となります。
注文住宅でしっかりと、長い間住み続けることを十分に考えてマイホーム設計をするのも良いでしょう。子どもがいるご家庭の場合、子どもの成長にあわせた設計、間取り、リフォームプランなどを考慮して、どのように有効にマイホームで生活していくかをしっかりと考えておきたいものです。またご自身が年を重ねた時を想定して、長い間住み続けても不満が出ないようにしっかりとした考え、先見性を持ってマイホーム設計をしていきましょう。
まずはしっかりとした設計計画を立てること前提に、風水を取り入れる事で少し人とは違ったマイホーム設計を行うのも面白いかもしれません。

住宅に風水を取り入れる

風水の考えはマイホーム設計においても有効に活用する事が可能ですが、何点か注意しなくてはならないこと重要なポイントがあります。
例えば注文住宅で1から家を建てる場合、風水的には良いとされる設計であっても、建築・構造的には良くない(むしろ悪い)などといったこともありえるのです。
つまり風水と住宅建築の「良いとするもの」は必ずしも一致するとは限らず、あちらが立てば、こちらが立たぬとなることも大いにあり得るのです。
このようなケースに出くわした場合、どちらを優先するかは最終的には個人にゆだねられる事になりますが、冷静になって判断する必要があります。
特に風水師と建築士の共同作業で家を建てる場合にはこのようなケースが発生するリスクを想定しておくべきことなのです。

ではこのような困ったケースに出くわさない方法はないのか考えていきましょう。

新築物件の場合

風水師と設計士を同時に依頼する場合は、まずは風水的に「良いとされること」「絶対に避けるべきこと」をしっかり確認しておき、それらを設計士に伝えて設計を行うことが望ましいのです。
風水師がはじめから設計に事細かに口出しすると設計が思うように進まなくなるだけではなく、建築士との衝突が起こるといった最悪なことも・・・。

または設計士に何パターンかの図面を書いてもらい、その中で風水的に良いとされる図面を選んでもらうのも良い方法かもしれません。
まずは住みやすさに重点を置くこと優先して、その中から風水的も良い設計で家を建てることも賢い選択でしょう。

さらに最上な選択となるのは風水に精通した設計士に依頼することになります。
風水自体日本でもかなりメジャーとなったため、風水に明るい設計士を探す事もそんなに困難ではないかと思います。
費用的なことを考えても実はこれパターンが一番やすくあがる可能性もありますので、風水に詳しい設計士をインターネットを活用してリサーチしてみるのはお勧めです。

建売、マンションなど場合

建売、マンションなどすでに完成している物件の場合は、間取りなどが決まったものを購入する事になりますので、新築物件のようなトラブルはないでしょう。
間取りにより風水的に良いものを配置すれば良いわけです。
しかし、風水にとてもこだわりもっている方は、そもそもが風水的に良いとされる物件を選らぶ必要がありますので、良いとされるポイントをまとめておき、不動産会社などに伝えてしっかりと意向にあう物件探しからはじめる事をおすすめします。

大切なのは、住みやすさ

注文住宅ですべての意向を取り入れ、予算も気にせず家を建てることができれば何の問題もありません。
しかし、100点の物件を入手することは難しいのが現実です。妥協する必要はありませんが、どこかで折り合いを付けて、日常的、将来的に考えて「家族がくらす家」がどのような設計が快適なのかを考えてみては如何でしょうか?

関連記事

ページ上部へ戻る