記事の詳細

家を建てるときに部屋の広さと同様に廊下の広さ(幅)に重点を置いて考える方は少ないかもしれません。

しかし日々通路として移動するために必須な廊下、そして物を運ぶのときに重要となる廊下の幅を疎かにしては、のちのち後悔することになりかねません。

ここでは廊下の幅について考察していきたいと思います。

廊下の幅は?

まず一般的な廊下の幅をご存じでしょうか?

だいたい人がすれ違うには少し狭いくらいの感覚をお持ちの方が多いと思います。

一般的な廊下の幅は91cmとされています。

思っていたよりも広いと思われた方もいるかもしれませんが、これは壁芯から壁芯までの幅のため、実際の幅で言うと78~79cm程度になってしまいます。

日常生活をおくる上では特に不便を感じる機会はあまりないかもしれません。

強いてあげるとすれば、すれ違うときに不便、大きな荷物を運ぶときに不便など、頻繁に起こる出来事ではないケースになります。

そのため、設計時に廊下の幅の広さに無頓着になってしまうのかもしれません。







年齢とともに必要な幅は変化

では高齢になったときを考えた場合はどうでしょうか?

例えば将来介護が必要になり室内で車椅子を使用する場合、この幅で十分なのでしょうか?

手動の車椅子の全幅は630mm以下、電動は700mm以下とされていて、実際に販売されている室内用の車椅子の全幅をみると50~60cm程度ものが多く見られました。

真ん中の55cmとした場合、78cmに幅に対して余裕は23cmしかありません。さらに片側で考えると11.5cmしかないのです。

さらに手すりを設置した場合、これ以上に狭くなってしまいます。

ちなみに新バリアフリー法ではトイレなどの入口の幅を90cm以上にするとされています。

また車椅子などの実用性を考慮した場合、通路の幅は90cm以上が使い勝手が良いとされていますので、91cm幅よりも広いものが適していると言えるでしょう。

このように世代によって廊下の幅は、日常生活に大きく関係してくるのです。

将来を見越した設計

毎度のお話になってしまいますが、家をたてるときはいつまで当初の設計で生活できるのかを考えておく必要があります。

特に将来的に改修工事が想定される場所で、のちのちリフォームを行うには大変な箇所であれば、設計に最初から織り込んでおくことで費用的も安く済むことになります。

後々廊下の幅を広げることも大変な工事に分類されますので、建築時の設計で考慮しておくとよいでしょう。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







関連記事

ページ上部へ戻る