記事の詳細

少子高齢化社会により核家族化が進んでいますが、お子さんの誕生はマイホームの設計を考える機会になることが多いようです。

理想であればひとりひと部屋とも考えるでしょうが、いくつから一人部屋を与えれば良いのかは非常に悩むテーマではないでしょうか?

また子ども部屋をどこに配置するれば良いかも気になるテーマでしょう。

ここでは子供部屋の位置について考察していきたいと思います。

幼少期の部屋

まず幼少期に付いてみていきましょう。

この頃から子供部屋を確保する場合、一般的には遊び部屋としての位置づけになると思います。また就学前から一人寝させるご家庭もあります。

どちらの場合も親が子供の変化(異変)に気付けるなるべく近い位置に配置する必要がありますが、特に後者については自室のとなりなどに子供部屋を配置する必要があります。

成長したとき

次に子供ある程度成長した場合はどうでしょうか?

この場合、帰宅後そのまま子ども部屋に直行するケースが多く、子供とのコミュニケーションが取りづらいことが考えられます。そのため家族がもっとも滞在する頻度、時

間が多い場所を経由して自室に入る設計にする必要があります。

一般的にはリビングを通って部屋に入る位置の部屋が適していると言えます。

逆に最悪なのは玄関近くの部屋で、帰宅してそのまま部屋に入ってしまうと、帰ってきたことさえ気付かないこともあります。なるべくこういった位置の部屋を子ども部屋

に選ぶことは避けると良いでしょう。

またあまりにも居心地が良い部屋も問題があります。

子供にとって何が居心地が良いかは子供の年令によっても異なりますが、部屋から出ることなくほとんどのことが処理できてしまうような部屋は問題があると言えます。

なぜなら居心地が良すぎる部屋は不登校につながるケースも考えれられるからです。

リビング学習という効果的な学習方法がテレビなどで取り上げれていますが、なるべく子供の顔が見える、そして家族とコミュニケーションがとれるような部屋作りが大切

と言えます。

つまり子供にとって居心地が良い部屋が、必ずしもプラスにだけ働くことはないと念頭に置いて子供部屋の位置を決定する必要があるのです。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







関連記事

ページ上部へ戻る