家族の食事や会話を楽しむ団らんの場所、そして家族の共有スペースとして家の中心的な場所となるのがリビングです。

今回は、そんな重要な役割を持つリビングの位置について考察していきたいと思います。

一般的にリビングが設計される場所は、大半が1階部分ではないでしょうか?

最近になって2階にリビングを設計する家もありますが、やはり1階がメインになります。

では1階、2階に分けてリビングのメリット、デメリット探っていきましょう。

リビングを1階に設計

まずは一階にあるリビングについて。

日当たりを確保するために、リビングを南向きに設計される方も少なくありません。また設計上南向きが困難な場合でもやはり日当たりを考えた方向で設計する方が大半でしょう。

この時のメリットは、日当たりを確保できることで明るい空間にすることができます。

また寒い時は、日当たりにより部屋を暖かくすることもメリットになるでしょう。しかしその反面、夏には部屋が熱くなりすぎるというデメリットになってしまいます。

ただし通年明るさを確保できるということは、精神衛生上良い住環境になりますのでトータルしてメリットのほうが多いと言えるかもしれません。

このことから多くの方がリビングに日当たりを求めているのがわかります。

そのためリビングの位置を日当たりが悪い場所にすることは、間取りの悪い家に該当することになります。

こうならないためには、窓の数や位置と隣接する建物を考慮して設計する必要があります。







リビングを2階に設計

ではリビングが2階の場合はどうでしょうか?

2階の場合も一階同様のメリットが考えられます。

また日当たりの問題は1階よりも簡単にクリアできるケースが多いでしょうが、それでも一階同様に窓と隣接する建物を考慮して設計しなくてはならないでしょう。

また庭がある家でリビングから庭を見ることができるように設計すると、通行人の目が気にならない対策をする方が多くいます。

眺望は良いのですが、外から見えないという防犯的にはあまりよろしくない状況が生じてしまいます。

しかし2階リビングの場合はこういった心配が少ないため、防犯面でも大きなメリットがあると考えてよいでしょう。

では2階リビングのデメリットについて考えてみましょう。

これは浴室のときにもお話しましたが、高齢者になったときに階段の昇降が必要な2階での生活は不便を感じることになります。

そのため2階リビングの場合は、何年後に高齢者になるかを計算して、リビングの位置を決定することが重要になるのです。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。