子供部屋にどうしてもロフトが欲しい。

ロフトを書斎にしたい。

リビングにロフトをつけてみたい。

など、マイホーム設計時にロフトをつけるつけないで悩む方も少なくありません。

なんとなく響きの良いロフトという言葉ですが、そもそもロフトは屋根裏にある部屋のことを指します。

そしてこのロフトには高さの制限と広さの制限があります。高さは最高1.4mまで、広さは直下のフロアの半分の広さまでとなっています。

こういった制限にある中で、後悔しないロフトを設計するには、まずロフトのメリットとデメリットを知る必要があるでしょう。

ここではロフトのある間取りについて考察していきたいと思います。

ロフトのメリット

まず、ロフトのメリットから見ていきましょう。大きくは3つのメリットが考えられます。

容積率の優遇

まずひとつ目。建物は容積率といって土地の広さによって最大に建てられる家の広さが決まっています。

しかしロフトの面積はこの上記の制限内であれば、容積率に組み込まれないのです。

容積率を考慮する必要のない十分な土地の広さがある家であれば関係ありませんが、そうでない場合、ロフトを有効なスペースとして活用することができます。

特に狭小地では、ロフトを就寝スペースや収納スペースなどとして上手く組み入れて設計されることがあります。

複数の子ども部屋が必要な場合やどうしても書斎や読書ルーム、オーディオルームが欲しいと言った場合など、限られた容積率の中で部屋としての空間を確保するためにロフトを活用した設計を行うのです。

この容積率に組み込まれずに空間を確保できることは、ロフトの大きなメリットと言えるでしょう。

空間を分離

2つ目は、住空間を別けることができる点があげられます。

まずロフトを就寝スペースにした場合が該当しますが、仮にこのロフト部分を2階と考えると1階部分の部屋にベッドなど場所をとる就寝スペースを確保する必要がなくなります。

また来客があった場合でも、寝床を見られることなく、部屋全体をすっきりとした印象をもたせることもできます。

また天井が高くなるため、部屋全体が広く、開放感を感じられるといった効果もあります。

また読書ルーム、オーディオルームとして、趣味のスペースとして活用することができます。

一段上にある空間のため、人目を気にせず何かに没頭できるスペースとして、ロフトを活用すること可能です。

収納に活用

最後の3つ目ですが、大きな収納スペースとして活用できる点があげられます。

とりあえず不要のものはなんでもロフトに放り込んでこともできますし、高い位置にあるためひと目につかないことで、雑然とした印象をあたえることもありません。







ロフトのデメリット

では次にロフトのデメリットについて見ていきましょう。大きく3つのデメリットをあげてみました。

建設費用

まず1つ目は、ロフトを作るのに費用がかかる点です。

屋根裏部屋というと安く作れそうなイメージがありますが、実はロフトを作る費用は、普通の部屋を作る費用と大しては変わらないのです。

そのため容積率に問題がありロフトを取り入れる必要がある場合以外は、普通に部屋を作ってしまったほうが汎用性が高いことが考えられるのです。

つまりロフトにかかる費用で、部屋を増やしたり、大きくしたりする方が費用対効果が見込めるケースがあるのです。

夏は暑すぎる

では二つ目のデメリット。

ロフトがある場所は屋根に近いため、夏場の温度が問題になります。

昼はエアコンをつけても暑くて寝ることはできない、夜になっても屋根の温度が下がらずにエアコン無しでは寝られないといったことが考えれられます。

不便なときもある

次に3つ目ですが、収納としてロフトを使う場合に不便を感じるときがあることです。

具体的には階段などで昇降するため、大きいものや重いものを運ぶのが大変なため、収納できるものが制限されてしまう点です。

また空間を別けることができるメリットが、年齢やライフスタイルによってデメリットに変化してしまうことも考えられます。

つまり高齢や身体の問題で昇降に支障がでてくると、ロフト自体が使えなくなってしまうのです。

これがロフトの持つもっとも大きなデメリットと言えるのかもしれません。

このようにロフトにはメリットとデメリットがありますが、個人的な意見としては容積率に問題がない場合、ロフトは不要なのでは?と感じます。

また年齢によってもロフトを活用できる期間は影響を受けますので、マイホームを建てるタイミングによってもロフトの必要性は変化すると思います。

ロフトのある家造りをするのであれば、しっかりと設計士と話し合い、ライフプランにあった提案をしてもらうと良いでしょう。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。