記事の詳細

部屋に一箇所しかコンセントがない…

ウォシュレットを設置したいのにトイレにコンセントがない…

リビングにあるコンセント場所があきらかにおかしい…など。

コンセントが不便な位置にあったり、さらに不足している場合、生活に支障をきたすことがあります。

マンションなどすでに設置済みの住宅の場合、入居する前にかならずコンセント位置と有無をチェックすることをお勧めします。

またこれから家を建てる方は、しっかりと位置を確認して不足なく設置することをお勧めします。

ちなみに家を建てるときにコンセントを設置するのと後から増設するのでは、前者のほうが費用は安くなります。

そのため使うかどうか微妙なケースであれば、いっそ新築時に作ってしまったほうが安くあがることになります。

家をたてる時はデフォルトでコンセントが設置されていますので、必要と思える数だけ追加すれば良いのです。

ではお勧めするコンセントの設置場所を考えてみましょう。

まずはエアコンから。エアコンを設置するのであれば壁の高い位置にコンセントが必要となります。

最近は全室にエアコンを設置する家も増えていますので、エアコンを設置する場所にあわせて、コンセントを配置するようにしましょう。

次にトイレです。

文頭にウォシュレットのクダリを書きましたが、コンセントがなくてはどうしようもありません。必要な方は必ず設置しましょう。

階段の上と下はどうしょうか?

コードレス掃除機があれば問題ありませんが、普通の掃除を使って階段の掃除をする場合、コンセントが階段付近にないと非常に不便になります。

玄関はどうでしょうか?

玄関に電源が必要なインテリアや照明などを置くこともあるでしょう。また熱帯魚の水槽をディスプレイする方もいるかもしれません。意外とコンセントがないのが玄関ではないでしょうか?

脱衣場はどうでしょうか?

私は暑がりのため、壁掛けの扇風機を脱衣場に設置しています。エアコン同様に高いに設置するため専用のコンセントがないと非常に不便になります。

また梅雨の時期など脱衣場で洗濯物を干すときにも扇風機は大活躍しますので、興味ある方は是非設置してみては如何でしょうか?

最後に室外用のコンセントは如何でしょうか?

例えばウッドデッキがあるご家庭でバーベキューやお茶会をされる方に、この室外用のコンセントは非常に便利です。

また駐車場付近に設置できる場合、車の掃除をするときにも非常に役立ちます。

このように、コンセントは非常に生活に密着する設備です。

家を新築する場合、現在、未来のライフスタイルを想像して、もしかしたら使うかもという状態であれば思い切って設置してしまったほうがよい場合が多いでしょう。

コンセントは「後」でいいやではなく「先」を心がけることで、費用的にも安く上がり、生活に便利なことも多いでしょう。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。




関連記事

ページ上部へ戻る