記事の詳細

家を建てるとき部屋を設計するのと同じくらい熱意で、階段の設計を考える方は少ないかもしれません。

これは廊下の幅と同じ状況かもしれません。

しかし各フロアをつなぐ階段は使用頻度も高く、しっかりと考えて設計されて階段であれば思わぬ事故にもつながりかねません。

特に子供や高齢者がいるご家庭であれば、階段の安全性を考慮した設計が重要になってきます。

このように実は家の中で重要な部位となるのが、階段なのです。

ここでは階段について考察していきたいと思います。

階段の幅

まず階段の幅についてみていきましょう。

その前に階段の幅は建築基準法で「有効幅:75㎝以上、踏面:15㎝以上、蹴上:23㎝以下」定められているのはご存じだったでしょうか?

仮にこの最低限の基準を適応して一番簡単な階段を作るとかなり勾配のきついものとなってしまいます。

イメージ的には昭和の少し狭い2階建て住宅にある一直線の急な階段を思い浮かべると良いかもしれません。(若い方はイメージわかないですよね、すいません…。)

実際はこの通りに作ることはほとんどあまりせんが、仮にこれに近いような階段を作るのあれば、直線にはせずく手すりをつけることは最低限の安全確保のため必要になるでしょう。

では話を戻して、一般的な階段の幅が廊下と同様の91cmとされています。

廊下の幅でも書きましたが、この幅は壁芯から壁芯までの計測になるため実際の幅で言うと80cm以下になってしまいます。

しかし日常生活を送る上では、ベッドなど大きな荷物運ぶとき以外は特に不便を感じる機会はあまりないかもしれません。

そのため設計時に階段のことは無関心になってしまうのかもしれません。

ただ廊下とは異なり、要介護の家族を上階で生活させることは考えづらいため車椅子などのことは考慮する必要はないでしょう。







手すりを設置

しかし手すりを設置した場合のことは考慮しなくてはなりません。また人には利き手があるため、理想としては上りと下りで両側に手すりを設置することになります。

両サイドに手すりを設置すると予想以上に階段の幅は狭くなってしまいますので、設計段階で適切な幅を決定して置くことが大切になります。

また子供に関しても注意を払う必要があります。特に転落する恐れがある小さいお子さんの場合は、大きな事故につながりかねませんので、階段に侵入できないような工夫が必要になります。

このように快適な生活を送るためには、階段をしっかり設計する必要があるのです。

一言で階段といっても、階段には直階段、かね折れ階段、折り返し階段、らせん階段といった種類があり、さらに素材やデザインなどを加えて考えると多種多様の階段が考えられます。

そのため設計士になどにも相談をして、家族のライフスタイルにマッチしたタイプを選択するようにしましょう。

廊下同様に後々リフォームするのは大きな工事が必要になりますので、設計の段階で設計士とよく打合せを行うとよいでしょう。

※ハウスメーカー選びに悩みの方は「ハウスメーカーを比較」をチェックください。







関連記事

ページ上部へ戻る